2016年10月18日

〈企画事業〉159:宮地浜「夕陽風景時計」前で絶景夕陽観賞

〈企画事業〉159・@1610181715光る海面優・宮地浜「夕陽風景時計」前で夕陽を観る会6978.JPG
写真@:宮地浜「夕陽風景時計」前で玄界灘に沈む夕陽を観賞する人たち
    =福津市宮司浜4丁目2で、2016年10月18日午後5時15分撮影

宮地浜「夕陽風景時計」前で光の道≠フ絶景楽しむ
――「玄界灘に沈む夕陽を観る会」参加者

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」主催の福津市・宮地浜「夕陽風景時計」前で玄界灘に沈む夕陽を観る会が、10月18日午後5時から開催され、約100人が「宮地嶽神社」参道先の海を黄金色に照らす光の道≠フ絶景夕陽を観賞しました=写真@=。

 『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩きフットパス」の発着点になっている宮地浜「夕陽風景時計」前で、夕陽の沈む方角、時刻と水平線の島々や半島などのパノラマ風景が分かる「夕陽風景時計」を考案した緒方義幸・「海とまちなみの会」景観デザイン委員会委員長(福津市)=写真A=が、「宮地嶽神社」参道上を斜めに沈む太陽の軌道図を示しながら、2月23日ごろと10月18日ごろの年に2度だけ数日、参道を夕陽が照らして沈む絶景が見られる理由を解説。

〈企画事業〉159・A1610181707緒方義幸会員優・宮地浜「夕陽風景時計」前で夕陽を観る会6966.JPG
写真A:宮地浜「夕陽風景時計」前で太陽の軌道図を掲げて解説する緒方義幸委員長(右)
=午後5時5分撮影

 この後、参加者たちは玄界灘に浮かぶ相島(福岡県新宮町)の背後に向かって傾き始めた夕陽を観賞、海を照らす光の道≠フ出現に歓声をあげながら写真撮影を楽しみました。あいにく日没前には雲の中に隠れ、ゴールデンアワー≠ニいわれる夕陽絶景を堪能するまでには至らなかったものの、午後5時41分の日没まで小一時間の夕陽ショーに笑顔を見せていました。
posted by ケント at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2016年10月11日

〈企画事業〉158:宮地浜「夕陽風景時計」前で夕陽を観る会開催

〈企画事業〉158・@宮地浜「夕陽風景時計」前で夕陽を観る会.jpg
写真@:宮地浜「夕陽風景時計」前で玄界灘に沈む夕陽を観る会の参加者募集チラシ

10月18日、宮地浜「夕陽風景時計」前で開催
「玄界灘に沈む夕陽を観る会」参加者募集中

「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月18日(火曜)、『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩
きフットパス」の発着点になっている宮地浜「夕陽風景時計」前で玄界灘に沈む夕陽を観る会=写真@=を開催(雨天中止)します。午後5時に福津市宮司浜4丁目2の「宮地浜海水浴場」にある「海の家 大阪屋」先の宮地浜「夕陽風景時計」前に集合で、「海とまちなみの会」ガイドが「夕陽風景時計」や2月23日ごろと10月18日ごろの年に2度だけ数日、「宮地嶽神社」石段から1.4Km先の宮地浜まで真っすぐ伸びた参道を夕陽が照らして沈む絶景が見られる理由を解説。この後、沈む夕陽を観賞、写真撮影を楽しみ、同6時解散します。

 「海とまちなみの会」では、福津市の夕陽景観の素晴らしさを多くの方に知っていただきたいと、2014年7月に全国の約2百人から寄せられた市民募金約40万円で宮地浜「夕陽風景時計」を設置。同時に同時計前を発着点として〈津屋崎千軒〉の古風な趣のある町並みや「宮地嶽神社」を2時間半で右回りに回遊する「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km)を福津市と開設、15年9月に同フットパスが「新日本歩く道紀行100選選考委員会」(事務局・東京)から福岡県内で1か所の『絶景の道100選』=写真A=に認定されました。

〈企画事業〉158・A1607310557ステッカー・アップ・宮地浜「夕陽風景時計」 004.jpg
写真A:宮地浜「夕陽風景時計」に貼られた『絶景の道100選』認定ステッカー

 「宮地嶽神社」参道石段からの夕陽絶景は、人気アイドルグループ「嵐」のテレビCM影像で光の道≠ニして2016年2月と6月に放映され、一躍有名になりました。「海とまちなみの会」が9月17日に開催した「津屋崎千軒フットパスまつり」で、『絶景の道(「津屋崎里歩きフットパス」)』ウオークを密着取材したKBC九州朝日放送が同月27日にテレビ朝日系列のテレビ番組「Jチャン」で「九州沖縄」地区に放送したほか、10月10日にはTBSテレビ系列の番組「あさチャン」でも秋のおすすめ絶景として全国放送。「宮地嶽神社」では15日から23日まで9日間、「光の道夕陽の祭=vを開催、参道石段を16時に封鎖して一般観覧席にし、別途設ける有料の祈願特別席(150席限定)を予約受付中で、参道を照らして沈む夕陽絶景が見られる18日の参道石段一帯は見物客で混雑が予想されます。

 このため、「海とまちなみの会」では、光の道$竚iとして全国的に知られるまでは牧歌的な夕陽景観を知る人ぞ知る@[陽絶景ファンの市民とともに素朴に観賞してきた原点に立ち返り、だれでも楽しめる宮地浜「夕陽風景時計」前での夕陽を観る会の開催を決定。参加料はガイド・資料代200円で、会員は無料です。参加申し込みは、16日(日曜)までに「海とまちなみの会」へメールE-mail:yosi3019@sage.ocn.ne.jpか電話(9時〜17時)で事務局090−7451−8063の担当吉村へ。
posted by ケント at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2016年10月04日

〈事務局日記〉0295:NEWSに「津屋崎千軒フットパスまつり」掲載

〈事務局日記〉0295:@NEWS掲載・「日本フットパス協会」img001.jpg
写真@:「日本フットパス協会」ホームページのNEWS に掲載された「津屋崎千軒フットパスまつり」開催記事

「津屋崎千軒フットパスまつり」で『絶景の道』ウオークに感動!
「日本フットパス協会」ホームページNEWSに掲載されました

 福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」ら4団体が、9月17日に開催した「津屋崎千軒フットパスまつり」の様子が10月4日、「日本フットパス協会」ホームページのNEWSに掲載されました=写真@=。

 「津屋崎千軒フットパスまつり」で『絶景の道』ウオークに感動!の見出しに、参加者らが人気アイドルグループ「嵐」のテレビCM光の道♂e像で有名になった福津市・「宮地嶽神社」参道石段からの絶景に感動した記事付き。また、ウオークを密着取材したKBC九州朝日放送が9月27日のテレビ番組で、「絶景楽しみ歩くフットパス」のタイトルで九州沖縄エリアで放送したことも紹介しています。

posted by ケント at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年10月02日

〈事務局日記〉0294:『広報ふくつ』10月号に「津屋崎千軒フットパスまつり」掲載

〈事務局日記〉0294:@「広報ふくつ」2016年10月号.jpg
写真@:『広報ふくつ』2016年10月号に掲載された「津屋崎千軒フットパスまつり」開催記事

「津屋崎千軒フットパスまり」開催の記事
福津市の広報誌・『広報ふくつ』10月号に掲載されました

 福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が「藍の家保存会」、「津屋崎ブランチLLP」、「まちなみネットワーク福岡」とともに、9月17日に開催した「津屋崎千軒フットパスまつり」が、市の広報誌『広報ふくつ』10月号に掲載されました。

 「津屋崎の絶景、歩き語る」「フットパスまつり開催」の見出しに、フットパスウオーカーたちが「海とまちなみの会」の女性ガイドの案内で世界遺産候補・「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産の「新原・奴山古墳群」を大小の古墳と田園風景を楽しみながら歩く写真付きです=写真@=。
posted by ケント at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年09月30日

〈お知らせ〉0138:10月から「貝寄せ館」随時開館に

〈お知らせ〉0138:@「貝寄せ館」随時開館JPEG.jpg
写真@:「海とまちなみの会」の観光ボランティアガイド拠点事務所・「貝寄せ館」
   
10月から「貝寄せ館」随時開館に

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は福津市津屋崎3丁目の観光ボランティアガイド拠点事務所・「貝寄せ館」=写真@=を、10月1日から随時開館(原則第4日曜日とガイド、見学等予約日の11時〜15時)とします。10月の開館日は、23日(日)、29日(土)の予定。

「貝寄せ館」は平成24年3月25日、旧田端畳店の畳製造所を無償でお借りし、会員と市民の皆様から建物改装資金約60万円を募り、土・日曜日と祝日の11時から15時まで開館。以来4年半で観光町歩きの皆様にも津屋崎千軒の新観光スポットとして知られ、津屋崎の浜が春先に吹く西風で多くの貝が打ち寄せられ、貝寄せの浜≠ニ呼ばれているのに因み、皆様が貝のように寄せ集まる所にしたいと名付けた「貝寄せ館」らしく、親しまれるガイド拠点になりました。

 観光ボランティアガイドや「貝寄せ館」見学の申し込みは、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」事務局へE-mail:yosi3019@sage.ocn.ne.jpでお願いします。
posted by ケント at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年09月27日

〈マスコミ紹介〉20160926:KBCテレビで放送

〈マスコミ紹介〉20160927@1909271823門前町・「Jチャンネル九州沖縄」・KBCテレビ番組025.jpg
写真@:福津市・「宮地嶽神社」門前町を歩くフットパス・ウオーカーたち
    =2016年9月27日放映のKBCテレビ番組「Jチャンネル九州沖縄旬ネタ直行便」から

「津屋崎千軒フットパスまつり」の『絶景楽しみ歩くフットパス』
27日、KBCテレビで放送されました

 福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が「藍の家保存会」、「津屋崎ブランチLLP」、「まちなみネットワーク福岡」とともに、9月17日に開催した「津屋崎千軒フットパスまつり」の「津屋崎里歩きフットパス」ウオークの様子が、27日18時19分からKBC九州朝日放送のテレビ番組「Jチャンネル九州沖縄旬ネタ直行便」で『絶景楽しみ歩くフットパス』のタイトルで放送されました。
 
 テレビ画面では、フットパス「絶景の道」コース(「津屋崎里歩きフットパス」)に参加した人たちが、「地域の風景を楽しみ歩く」様子を放映=写真@=。人気アイドルグループ「嵐」のテレビCM光の道♂e像で全国的に有名になった「宮地嶽神社」石段最上部=写真A=からまっすぐ海まで伸びた参道の絶景を観た女性ウオーカーの喜ぶ声も紹介し、同神社門前町商店街を通り、宮地浜や松林の小道などを経て終点の「津屋崎千軒民俗館『藍の家』」到着後、昼食を楽しむ参加者に観光では味わえないフットパスの魅力をインタビューしていました。

〈マスコミ紹介〉20160927A160917人気の絶景スポット撮影・KBCテレビ放送035.jpg
写真A:「宮地嶽神社」石段最上部から海まで伸びた参道の絶景を撮影する人たち
    =KBCテレビ番組「Jチャンネル九州沖縄旬ネタ直行便」から

posted by ケント at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2016年09月26日

〈お知らせ〉0137:あすのKBCテレビで放送

〈お知らせ〉0137:@1609171133「津屋崎浜」を歩く参加者017.jpg
写真@:「津屋崎里歩きフットパス」コースの「津屋崎浜」を行くフットパス・ウオーカーたち
    =2016年 9月17日午前11時30分撮影

「津屋崎千軒フットパスまつり」の絶景の道ウオーク
あす27日(火)18時15分からKBCテレビで放送

  「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が「藍の家保存会」、「津屋崎ブランチLLP」、「まちなみネットワーク福岡」とともに、9月17日に開催した「津屋崎千軒フットパスまつり」の「津屋崎里歩きフットパス」ウオークの様子が、27日(火)18時からKBC九州朝日放送のテレビ番組「Jチャン」の「九州沖縄」コーナーで18時15分から放送されます(大事件、事故発生の場合は延期)。
 
 KBCテレビの撮影クルーは17日、福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」での参加者受け付けの模様から、フットパス「絶景の道」コース(「津屋崎里歩きフットパス」)のウオークに参加した人たちが、宮司4丁目の高野山真言宗「海心寺」・金剛閣で全国でも珍しい「金剛歌菩薩」、「金剛舞菩薩」を拝観、「宮司コミュニティセンター」で「宮司地区郷づくり推進協議会」の方たちからお茶菓子のおもてなしを受けたあと、宮地浜「夕陽風景時計」を見学し、「津屋崎浜」=写真@=を経て終点の津屋崎千軒まで歩き、国登録有形文化財・「藍の家」で昼食を楽しむ様子まで取材。
posted by ケント at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年09月21日

〈マスコミ紹介〉20160921「津屋崎千軒フットパスまつり」開催読売新聞掲載

〈マスコミ紹介〉20160921@付読売新聞「フトパス」掲載トリミング002.jpg
写真@:「津屋崎千軒フットパスまつり」掲載の読売新聞9月21日付朝刊記事
   
「津屋崎千軒フットパスまつり」楽しむ参加者の記事
読売新聞に掲載されました

 福岡県福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」と「藍の家保存会」、「津屋崎ブラン
チLLP」が、県内各地で地域遺産を活かしたまちづくりに取り組む団体が交流を進める「まちなみネットワーク福岡」とともに、9月17日(土)に福津市津屋崎地区で開催した「津屋崎里歩きフットパスまつり」を参加者が楽しむ様子が、21日付読売新聞に載りました=写真@=。

 福岡面に2段組み記事で、「福津で散策 景観楽しむ」「フットパスまつりに100人」の横2本見出しと、2015年9月に『絶景の道100選』に県内から1か所認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km)の夕陽景観絶景地・「宮地嶽神社」参道石段を上る参加者たちのカラー写真付き。「海とまちなみの会」のガイドが、石段にある筑豊の炭鉱王=E伊藤伝右衛門が寄贈した石鳥居や石垣を案内、暮らしが見える道をゆっくり歩くフットパスの魅力も紹介されています。
posted by ケント at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2016年09月19日

〈事務局日記〉0293:『なっとく! Life』秋号に「海とまちなみの会」掲載

〈事務局日記〉0293:@『なっとく! Life』掲載ページ.jpg
写真@:『なっとく! Life』秋号に掲載された「海とまちなみの会」紹介記事

「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の紹介記事
『なっとく! Life』秋号に掲載されました

 福岡市中央区天神3丁目の「株式会社ビスケット」発行のいいモノ・企業・地域を応援する消費者のための無料情報誌・『なっとく! Life』2016年秋号(全22n)に、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の活動主紹介記事が掲載されました=写真@=。同誌は年4回、1万部発行で2015年12月創刊しており、秋号は第4号誌。

 表紙裏の1n目に「地域をつなぐ ふくおかを元気にする団体紹介」の@として、
「津屋崎の自然・歴史・文化を発信」の2段見出しと「地図とガイドでまちなみ案内」の1段見出しに、「海とまちなみの会」の観光ガイド拠点「貝寄せ館」の写真付きで紹介。また、心象に残る風景を歩く里歩き「フットパス」と、夕陽が沈む場所や時刻と風景がわかる「夕陽風景時計」の2行見出し付きで、福津市との共働事業で開設した「津屋崎里歩きフットパス」について現在力を入れていることや、ウオークコースの発着点として本会が市民募金で「宮地浜」に設置した夕陽風景時計と、同時計を考案・設計した緒方義幸会員が、吉村勝利会長と「貝寄せ館」前に並んだ写真を添えて掲載しています。
posted by ケント at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年09月17日

〈企画事業〉157:「津屋崎千軒フットパスまつり」開催

〈企画事業〉157・@1609181053宮司コミセンでおもてなし011.jpg
写真@:「宮司地区郷づくり推進協議会」のおもてなしを受けるフットパス参加者
   =福津市・「宮司コミュニティセンター」で、2016年9月17日午前10時50分撮影

『絶景の道100選』認定1周年を記念し開催
「津屋崎千軒フットパスまつり」&「第4回まちなみフォーラム福岡in津屋崎千軒」

 福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」と「藍の家保存会」、「津屋崎ブランチLLP」など主催の『絶景の道100選』認定1周年記念「津屋崎千軒フットパスまつり」&「第4回まちなみフォーラム福岡in津屋崎千軒」が9月17日、津屋崎地区で開催され、約140人が参加しました。

 午前10時スタートのフットパスウオークには「津屋崎里歩きフットパス」絶景の道コースと「新原・奴山古墳群」を巡る世界遺産の道コースに計95人が参加。約1時間の里歩きを楽しみ、宮司=写真@=、津屋崎両郷づくり推進協議会=写真A=のお茶と菓子提供のおもてなしを受けました。
〈企画事業〉157・A1609181149津屋崎里づくり推進協議会が「なごみ」でおもてなし018.jpg
写真A:「津屋崎地域郷づくり推進協議会」の人たち(右側)のおもてなし
    =「福津市まちおこしセンター」で、17日午前11時45分撮影

 「絶景の道コース」では、フットパスウオーカー54人が福津市宮司4丁目の高野山真言宗「海心寺」・金剛閣に立ち寄り、歌謡や舞踊を志す人を教え導くとされる全国でも珍しい仏像・金剛歌(か)菩薩、金剛舞(ぶ)菩薩を拝観、吉原泰祐住職の法話に耳を傾けました=写真B=。

〈企画事業〉157・B1609181034海心寺で菩薩拝観 009.jpg
写真B:吉原泰祐住職(右奥)の法話に耳を傾ける「絶景の道コース」の参加者たち
   =高野山真言宗「海心寺」・金剛閣で、午前10時30分撮影

午後1時から「豊村酒造」酒蔵での「第4回まちなみフォーラム福岡in津屋崎千軒」には、109人が入場。内田晃・北九州市立大学地域戦略研究所教授が、「フットパスの魅力とまちづくり」の演題で基調講演=写真C=。

〈企画事業〉157・B1609171345基調講演・豊村酒造全景(2).jpg
写真C:内田晃・北九州市立大学地域戦略研究所教授(右奥)の基調講演を聴く人たち
    =「豊村酒造」酒蔵で、午後1時45分撮影

 続いて、大森洋子久留米工大教授がコーディネーター、田上健一九州大大学院教授がアドバイザーとなり、「町家の再生活用と町並み景観の保全」をテーマにした「まちなみパネルディスカッション」が行われ、パネリストの金氣順也・「海とまちなみの会」会員(一級建築士)が津屋崎千軒での町家リフォームの事例を発表=写真D=、山口覚「津屋崎ブランチLLP」代表、中島孝行NPO八女デザイン研究会理事長の事例報告の後、意見を交わしました。
〈企画事業〉157・A1609171603金氣順也会員の報告 023.jpg
写真D:津屋崎千軒での町家リフォームの事例を発表する金氣順也・「海とまちなみの会」会員(右)
   =「豊村酒造」酒蔵、で、午後4時撮影

 この後、「フットパスで活かす世界遺産」をテーマにした第T分科会=写真E=など3つの分科会が開かれ、熱心な議論が行われました。

〈企画事業〉157・D松本将一郎パネリスト1609171635.jpg
写真E:第T分科会で「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産の取り組みについて報告する松本将一郎パネリスト(福岡県世界遺産登録推進室)
   =「豊村酒造」酒蔵、で、午後4時35分撮影

posted by ケント at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業