2017年03月01日

〈企画事業〉161:下関市豊浦町観光ツアー

〈企画事業〉161・@「下関市豊浦町観光ツアー」参加募集チラシ.jpg
写真@:「下関市豊浦町観光ツアー」参加募集のチラシ

県境越えフットパスまちづくりで交流
4月2日、「下関市豊浦町観光ツアー」開催

 福津市津屋崎の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は4月2日(日)、「下関市豊浦町観光ツアー」開催を決め、3月26日締め切りで参加者23人の募集=写真@=を始めました。2016年に「豊浦フットパスin室津」を開催した「豊浦地区まちづくり協議会」の33人が2月13日、「津屋崎里歩きフットパス」を視察。「波折神社」に奉納された絵馬を見学後、「津屋崎千軒民俗館『藍の家』」で懇談交流したのを受け、〈津屋崎千軒〉の町並みと同じく、豊浦町の港町・室津に龍や浦島太郎などの鏝絵が残る町家が並び、同町湯玉の「川嶋神社」に筑前勝浦濱(宗像郡勝浦村=現福津市勝浦)から大正時代に定置網の一種、大敷網による大漁のお礼に奉納された絵馬=写真A=がある豊浦町を訪ねようと観光ツアーを企画。

〈企画事業〉161・A「筑前勝浦濱大敷絵馬」IMG_7665 (800x518).jpg
写真A:山口県下関市豊浦町湯玉の「川嶋神社」に奉納された「筑前勝浦濱大敷」絵馬

 ツアーでは、貸切バスで2日午前9時30分に豊浦町の「室津公民館」前に到着、「豊浦地区まちづくり協議会」のガイドの案内で、鏝絵のある室津の町家を巡るフットパスウオークを50分楽しみます。続いて、バスで「川嶋神社」に移動、大敷網の発祥地とされる豊浦町から筑前勝浦濱と筑前地之嶋(宗像市地島)に導入した大敷網での大漁のお礼に奉納した絵馬を見学。

 バスに乗って豊浦町・川棚温泉の「川棚グランドホテル」に移動、瓦そば昼食を味わい、立ち寄り湯の温泉に浸かって休憩後、バスで近くの「リフレッシュパーク豊浦」に移動、満開のチューリップやエヒメアヤメの花園と、日本列島を春秋に縦断する海を渡る蝶=Eアサギマダラの飛来地で知られるフジバカマ園、同蝶の幼虫、蛹飼育の「蝶小屋」を観覧します。春の渡りで福津市・津屋崎浜に飛来する同蝶の観察を続けている「海とまちなみの会」の生態記録との情報交換も行う予定。

 「観光ツアー」の会費は、交通費、昼食・入湯代、入園料、ガイド料、保険料など8千円。参加の申し込みは、「海とまちなみの会」事務局吉村へE-mail:yosi3019@sage.ocn.ne.jpで。申し込み先着順23人で締め切ります。
posted by ケント at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2017年02月14日

〈マスコミ紹介〉20170214:西日本新聞に住民交流の記事掲載

2017年2月14日付西日本新聞「ふくおか都市圏」面掲載記事.jpg
写真@:「津屋崎と下関絵馬が結ぶ」の記事を掲載した2月14日付西日本新聞

伝統生かすまちづくりへ住民交流
「津屋崎と下関絵馬が結ぶ」と西日本新聞に記事掲載

  山口県下関市豊浦町の「豊浦地区まちづくり協議会」文化・スポーツ部会のメンバーら33人が、福津市の「津屋崎里歩きフットパス」の取り組みを学びたいと、2月13日に宮司・津屋崎地区を視察した模様が14日付西日本新聞「ふくおか都市圏」面にトップ記事で掲載されました=写真@=。

 「津屋崎と下関絵馬が結ぶ」、「伝統生かすまちづくりへ住民交流」の2本見出しに、「豊浦地区まちづくり協議会」の視察団が「波折神社」で絵馬の説明を聞くカラー写真付きです。記事では、定置網の一種の「大敷網」の発祥地とされる豊浦地区からこの漁法が玄界灘沿岸に広く伝わり、豊浦の「川嶋神社」に勝浦(福津市)や地島(宗像市)の漁民がお礼に奉納した大正期の絵馬があることや、福津郷土史会員の大賀康子さんの説明で津屋崎でも「大敷網」漁が行われていた歴史も紹介。
posted by ケント at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

〈事務局日記〉0308:「日本フットパス協会」ホームページに宮地浜「夕陽風景時計」紹介ニュースの 国際放送開始掲載

掲載「日本フットパス協会」ホームページimg001.jpg
写真@:宮地浜「夕陽風景時計」紹介ニュースのNHK国際放送開始を掲載した
「日本フットパス協会」ホームページ「NEWS」欄

宮地浜「夕陽風景時計」紹介ニュースのNHK国際放送開始
「日本フットパス協会」ホームページの「NEWS」に掲載

 「日本フットパス協会」(事務局・東京)ホームページの「NEWS」欄に、福岡県福津市の宮地浜「夕陽風景時計」紹介ニュースがNHK国際放送で1か月放映――の見出し付き記事が掲載されました=写真@=。

 記事では、福津市のまちづくり団体「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が「津屋崎里歩きフットパス」(絶景の道100選認定)発着点の同市宮地浜に設置した、宮地浜「夕陽風景時計」を紹介するニュース・リポートの放送がNHK国際放送(NHK WORLD)で2017年2月6日から1か月間の予定で始まりました、として、同時計を考案した緒方義幸氏(「海とまちなみの会」会員)を紹介するリポートの冒頭シーンの写真が添えられています。
posted by ケント at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2017年02月13日

〈事務局日記〉0307:下関市の「豊浦地区まちづくり協議会」視察団ガイド

〈事務局日記〉0307:@1702130949「宮地嶽神社石段」最上部で撮影003.jpg
写真@:81段の石段最上部から「宮地浜」まで伸びた光の道℃Q道を見る視察団
    =福津市宮司元町の「宮地嶽神社」で、2017年2月13日午前9時45分撮影

下関市「豊浦地区まちづくり協議会」の視察団をガイド
「津屋崎里歩きフットパス」や「波折神社」の絵馬見学

  「川棚温泉」のある町で知られる山口県下関市豊浦町の「豊浦地区まちづくり協議会」文化・スポーツ部会のメンバーら33人が、福津市の「津屋崎里歩きフットパス」の取り組みについて学び、今年のフットパス・ウオーク開催に活かしたいと2月13日、貸切バスで宮司・津屋崎地区を巡り、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」のガイドや座学で視察研修されました。

 一行は、午前9時30分に福津市宮司元町の「宮地嶽神社」第一駐車場に到着。「海とまちなみの会」の志垣幸枝・ボランティアガイド委員長ら女性ガイド4人の案内で、「拝殿」に参拝、人気アイドルグループ「嵐」のテレビCMで光の道≠ニして全国的に有名になった81段の石段最上部から1.4Km先の「宮地浜」まで直線で伸びた参道を撮影=写真@=し、本殿横の境内にある満開の「開運桜」を楽しみました。

 このあと、バスで近くの福津市健康福祉総合センター「ふくとぴあ」に移動し、研修室で「海とまちなみの会」の『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩きフットパス」活用の景観まちづくりについて学習。さらに、バスで同フットパスの発着点・宮地浜「夕陽風景時計」を訪れ、見学しました。続いて、バスで古風な趣のある町並み・〈津屋崎千軒〉へ移動、氏神の「波折神社」拝殿に掲げられている6点の絵馬について、大賀康子会員の解説を聴いた=写真A=あと、「津屋崎千軒民俗館『藍の家』」で豊浦町湯玉地区の「川嶋神社」に「筑前勝浦濱」(福津市勝浦)と「筑前地之嶋」(宗像市)から大敷網(定置網の一種)伝承のお礼に大正時代に奉納された絵馬2点について「大敷網発祥の地」として知られる湯玉地区に大漁感謝の絵馬が奉納された背景や、大賀会員の絵馬の絵解の説明に論議が盛り上がりました。

〈事務局日記〉0307:A1702131144「波折神社」拝殿7267.JPG
写真A:拝殿に掲げられている絵馬について解説する大賀康子会員(左)
    =福津市津屋崎4丁目の「波折神社」で、13日午前11時40分撮影
posted by ケント at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2017年02月08日

〈マスコミ紹介〉20170208:NHK国際放送で紹介

〈マスコミ紹介〉20170208:@冒頭画面・「NHKy WORLD」放送003.jpg
写真@:NHK国際放送で放映中の宮地浜「夕陽風景時計」(中央は時計を考案した緒方義幸・「津屋崎千軒 海とまちなみの会」会員)

NHK国際放送で1か月間、放映が始まりました
夕日を見るのが楽しくなる新名所=E宮地浜「夕陽風景時計」 

 福岡県福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が同市宮司浜4丁目に市民募金40万円で2014年に設置した宮地浜「夕陽風景時計」が、2017年2月6日から1か月間、NHK国際放送(NHK WORLD)でニュース・リポートとして放映が始まりました=写真@=。

 放映は、ネット配信での視聴で、動画再生ページのURLはhttps://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/videos/20170206111450006/
。2月と10月の年2回だけ現れる「光の道」として、人気アイドルグループ「嵐」のテレビCM放映で有名になった「宮地嶽神社」石段最上部から海の向こうに沈む夕陽が参道を一直線に照らす絶景見たさに、観賞客が訪れていることを紹介。「光の道」の参道が玄界灘に突き当たる宮地浜に、「海とまちなみの会」が設置した「夕陽風景時計」が、夕日を見るのが楽しくなる新名所≠ニして人気を集めていることや、同時計の考案・設計者である緒方義幸会員の製作過程のインタビューと、時計を利用した男女らの感動の声を交え、福岡放送局の大木莉衣ディレクターの英語のナレーションで3分余のリポートにまとめられています。

 NHK総合テレビでは最初、福岡放送局が2016年12月2日午後6時10分からの・ニュース番組「ロクいち!福岡」で『夕日の名所に新たなスポット』として福岡県内エリアで放送。同月28日にはNHK全国ネットの総合テレビ・ニュース番組『おはよう日本』で再放送され、光の道≠ニして全国的に有名になった「宮地嶽神社」参道絶景とともに、本会が参道石段から直線で1.4Km先の砂浜に設置した宮地浜「夕陽風景時計」=写真A=の知名度も全国区になりましたが、国際放送開始で世界的にも知られることになりました。

〈マスコミ紹介〉20170208:A宮地浜『夕陽風景時計」・「NHK WORLD」放送004.jpg
写真A:住民から集めた寄付金で設置した「夕陽風景時計」と紹介のNHK国際放送
posted by ケント at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2017年02月04日

〈事務局日記〉0306:研修・交流会

〈事務局日記〉0306:@1702031053九大「椎木講堂」遠景 010.jpg
写真@:九州大学伊都キャンパスを視察する研修・交流会の参加者たち
    =福岡市西区元岡で、2017年2月3日午前10時50分撮影

九州大学伊都キャンパスを視察しました
「福岡県美しいまちづくり協議会」の研修・交流会

 「福岡県美しいまちづくり協議会」(事務局・県都市計画課)の研修・会員交流会で2月3日、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」会員も福岡市西区元岡の九州大学伊都キャンパス=写真@=や糸島市の前原東土地区画整理地区を視察。糸島市役所で開かれた研修会で、坂井猛・九州大学大学院人間環境学府教授の「九州大学南門の整備について―構想とプロセス」の講義を聴き、糸島市都市計画課担当職員から同市景観施策についての取り組みの紹介を受け、意見交流会に参加しました。

 研修・会員交流会には、景観まちづくりに取り組む県都市計画課や大牟田、宗像など10市、那珂川、新宮両町の都市計画課職員と、「県美しいまちづくり協議会」加盟の県内各地のまちづくり団体役員のほか、糸島市民も含め約60人が参加。2005年の工学部移転開始から18年の農学部移転での移転計画完了を目指し、東区箱崎キャンパスから伊都キャンパスへ順次、大学移転が進められている現場を坂井教授の案内で熱心に視察したあと、糸島市役所での研修会に臨みました。九大移転工事の一部を施工している竹中工務店の吉田寛史・九州支店長の「『まち』の構造物を作る施工業者の視点からの景観」と題した講義などを傾聴、意見交換会で活発な論議を交わしました。
posted by ケント at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2017年01月30日

〈おしらせ〉0143:2月の「貝寄せ館」開館日

〈おしらせ〉0143:@0909231742津屋崎人形「太鼓乗りニワトリ土鈴」04.jpg
写真@:津屋崎人形「太鼓乗りニワトリ」

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は2月、福津市津屋崎3丁目の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」を12日(日)、26日(日)の11〜15時開館します。今年の干支・酉にちなむ、津屋崎人形「太鼓乗りニワトリ」=写真@=をはじめ、会員の津屋崎人形店2店の見所もガイドします。入館無料です。
posted by ケント at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年01月22日

〈事務局日記〉0305:新年懇親例会

〈事務局日記〉0305:@1701221234優「海とまちなみの会」新年懇親例会003.jpg
写真@:新年懇親例会でランチを楽しむ「海とまちなみの会」会員たち
   =福津市勝浦の「キッチン彩」で、2017年1月22日撮影

「海とまちなみの会」新年懇親例会を開催しました
2月の「貝寄せ館」開館は12日と26日に決定

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、1月22日正午から福津市勝浦の「あんずの里運動公園」にあるフレンチレストラン「キッチン彩(さい)」で、新年懇親例会=写真@=を開きました。

 福津市津屋崎の歴史・文化を学ぶ「第17回津屋崎千軒ふるさと塾」を開催するための準備調査を近く始め、2月の観光ガイド拠点事務所「貝寄せ館」(同市津屋崎3丁目)開館を12日(日)と26日(日)の11時〜15時とすることを決定。会員たちはランチを楽しみながら、2017年の『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩きフットパス」や宮地浜「夕陽風景時計」の活用などについて話が弾みました。
posted by ケント at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2017年01月19日

〈マスコミ紹介〉20170119:毎日新聞「まち物語 津屋崎千軒」に掲載

「まち物語津屋崎千軒」170118付毎日新聞福岡東版img001.jpg
写真@:「まち物語 津屋崎千軒」の記事を掲載した1月18日付毎日新聞福岡東版

江戸中期から明治 製塩 にぎわい生む
毎日新聞「まち物語 津屋崎千軒」に記事掲載

 毎日新聞福岡東版で2017年1月18日に連載が始まった「まち物語 津屋崎千軒」に、まちおこしの一つとして古里の歴史や文化、自然を紹介した「津屋崎学」(B5判、314n)を出版、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」のボランティアガイド養成講座の教本にも活用されている、と吉村勝利会長が写真付きで掲載されました=写真@=。

 記事では、「江戸中期から明治」、「製塩 にぎわい生む」の見出し付きで、古い町並みが残る津屋崎千軒は福間に鉄道が開通した明治23年(1890年)以降、賑わいに影が差し始めたが、筑豊の石炭王・伊藤伝右衛門らが海岸沿いに大きないけす場を建設し、遊覧といけす料理で賑わいを取り戻したことも紹介。
posted by ケント at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2017年01月16日

〈おしらせ〉0142:22日に新年懇親例会

〈おしらせ〉0142:1701161359「東郷公園」から遠望した「沖ノ島」.JPG
写真@:玄界灘に浮かぶ「沖ノ島」
    =福津市の「東郷公園」で、2017年1月16日午後1時55分撮影

22日に新年懇親例会を開きます


 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は1月22日(日)正午から福津市勝浦の「あんずの里運動公園」内のフレンチレストラン・「キッチン彩(さい)」で新年懇親例会を開きます。

 新入会員紹介や、福岡県と宗像、福津両市が7月にユネスコの世界遺産登録を目指している「『神宿る島』宗像・沖ノ島=写真@=と関連遺産群」のガイドや、「海とまちなみの会」が福津市と開設した『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩きフットパス」の視察団受け入れなどについて協議の予定。新年懇親例会参加希望の会員と活動支援者の方は、18日(水)までに「海とまちなみの会」事務局・吉村までメールE-mail:yosi3019@sage.ocn.ne.jpでおし込みください。
posted by ケント at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ