2016年09月26日

〈お知らせ〉0137:あすのKBCテレビで放送

〈お知らせ〉0137:@1609171133「津屋崎浜」を歩く参加者017.jpg
写真@:「津屋崎里歩きフットパス」コースの「津屋崎浜」を行くフットパス・ウオーカーたち
    =2016年 9月17日午前11時30分撮影

「津屋崎千軒フットパスまつり」の絶景の道ウオーク
あす27日(火)18時15分からKBCテレビで放送

  「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が「藍の家保存会」、「津屋崎ブランチLLP」、「まちなみネットワーク福岡」とともに、9月17日に開催した「津屋崎千軒フットパスまつり」の「津屋崎里歩きフットパス」ウオークの様子が、27日(火)18時からKBC九州朝日放送のテレビ番組「Jチャン」の「九州沖縄」コーナーで18時15分から放送されます(大事件、事故発生の場合は延期)。
 
 KBCテレビの撮影クルーは17日、福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」での参加者受け付けの模様から、フットパス「絶景の道」コース(「津屋崎里歩きフットパス」)のウオークに参加した人たちが、宮司4丁目の高野山真言宗「海心寺」・金剛閣で全国でも珍しい「金剛歌菩薩」、「金剛舞菩薩」を拝観、「宮司コミュニティセンター」で「宮司地区郷づくり推進協議会」の方たちからお茶菓子のおもてなしを受けたあと、宮地浜「夕陽風景時計」を見学し、「津屋崎浜」=写真@=を経て終点の津屋崎千軒まで歩き、国登録有形文化財・「藍の家」で昼食を楽しむ様子まで取材。
posted by ケント at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年08月20日

〈お知らせ〉0136:ガイド養成講座第10回講義のご案内

〈お知らせ〉0136:@1608060547優・石段最上部からの眺望・「宮地嶽神社」参道009.jpg
写真@:「宮地嶽神社」参道石段最上部からの眺望
     =2016年8月6日撮影

きょう20日、「貝寄せ館」で最終の第10回講義
第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が2015年11月1日から始めた第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座(受講無料)は、8月20日午前9時から福津市津屋崎3丁目の観光ボランティアガイド拠点事務所・「貝寄せ館」で第10回講義を行い、終了します。

 講座は、新入会員対象の即戦力ガイド養成を目指して全10回開講。今期は、福岡県内でただ一か所の『絶景日の道100選』に認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km。平成26年7月開設)や、「津屋崎浜」に飛来する2千Kmもの海を渡る蝶=Eアサギマダラの不思議、世界遺産登録の国内推薦候補に同27年7月決定した神宿る島「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産・「新原・奴山古墳群」など最新の知見も学びます。

 きょう20日の講義では、午前9時からスライドを映写して、福津市宮司元町の「宮地嶽神社」=写真@=の祭神や社殿改修の歴史、楼門と境内にある珍しい植物、秋季大祭、「宮地嶽神社」古墳のほか、「津屋崎干潟」に飛来する絶滅危惧種の冬鳥・クロツラヘラサギについての座学を行います。
posted by ケント at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年07月16日

〈お知らせ〉0135:「貝寄せ館」夏休み休館

〈お知らせ〉0135:@1607161852「貝寄せ館」前・「サマーナイトインふくつ2016」004.jpg
写真@:〈津屋崎千軒通り〉から「貝寄せ館」に入る家族連れ
   =福津市津屋崎3丁目で、2016年7月16日撮影

7月17日(日)から9月2日まで
「貝寄せ館」は夏休み休館します

 7月16日夜、福津市津屋崎で「津屋崎祇園山笠」の裸参りと、第9回ふくつ夏まつり2016「サマーナイトインふくつ」が行われ、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は津屋崎3丁目の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」を午後7時から9時まで夜間臨時開館。同館前の〈津屋崎千軒通り〉には多くの露店が並び、山笠見物客の家族連れなど多くの入館者=写真@=で賑わいました。

 「海とまちなみの会」は、「貝寄せ館」を7月17日(日)から9月2日(金)まで恒例の夏休み休館といたします。
posted by ケント at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

〈お知らせ〉0134:津屋崎祇園山笠で「貝寄せ館」夜間臨時開館

〈お知らせ〉0134:@1607160639岡流の山笠表「戦国桶狭間」 002.jpg
写真@:『戦国桶狭間』を描いた津屋崎人形が飾られた津屋崎祇園山笠・「岡流」
   =福津市津屋崎3丁目の「福津市まちおこしセンター」イベント広場で、2016年7月16日撮影

津屋崎祇園山笠「裸参り」開催のため
きょう7月16日(土)は「貝寄せ館」夜間臨時開館します

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は7月16日、福津市津屋崎の「津屋崎祇園山笠」の裸参りと第9回ふくつ夏まつり2016「サマーナイトインふくつ」が行われるため、津屋崎3丁目の〈津屋崎千軒通り〉にある観光ガイド拠点事務所の「貝寄せ館」を午後7時から9時まで夜間臨時開館します。

 「津屋崎祇園山笠」は、この日午後6時から津屋崎3丁目の「しおさい通り」に〈岡流(ながれ)〉、〈新町流〉、〈北流〉の3流の山笠(重さ約1d)が勢ぞろいする「集団山見せ」が行われます。「サマーナイトインふくつ」は、午後5時30分からで、〈津屋崎千軒通り〉に露店が並び、山笠見物客の家族連れで賑わいます。

 裸参りは、山笠を担ぐ男衆らが、裸に赤い締め込み姿で提灯を掲げて、津屋崎の氏神・「波折神社」を午後7時すぎに出発、約7`の夜道を走り、在自の金刀比羅神社と宮司の「宮地嶽神社」神社に参拝。17日に行われる「追い山」の安全を祈願し、3流ごとに同9時ごろ〈津屋崎千軒通り〉を次々に駆け抜けます。
posted by ケント at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年06月26日

〈お知らせ〉0133:定期総会で「貝寄せ館」休館のご案内

〈お知らせ〉0133:@1411220923道標「宮司コミュニティセンター」.JPG
写真@:「宮司コミュニティセンター」の前に立つ『津屋崎里歩きフットパス』標識

「海とまちなみの会」定期総会のため
6月26日(日)は「貝寄せ館」休館します

 「海とまちなみの会」は、26日午前10時30分から福津市の「宮司コミュニティセンター」=写真@=で平成28年度定期総会を開いたあと、「民宿まさご」で懇親会を開くため、観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」を臨時休館とさせていただきます。
posted by ケント at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年06月03日

〈お知らせ〉0132:ガイド養成講座第8回講義のご案内

〈お知らせ〉0132:@貝の絵図・平成5年8月27日付読売新聞載広告.jpg
写真@:福岡藩主・黒田斉清に献上された21種類の貝の絵図

6日、「貝寄せ館」で第8回講義
第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が2015年11月1日から始めた第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座(受講無料)は6月6日、福津市津屋崎3丁目の観光ボランティアガイド拠点事務所・「貝寄せ館」で第8回講義を行います。

 講座は、新入会員対象の即戦力ガイド養成を目指して全10回開講。今期は、福岡県内でただ一か所の『絶景日の道100選』に認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km。平成26年7月開設)や、「津屋崎浜」に飛来する2千Kmもの海を渡る蝶=Eアサギマダラの不思議、世界遺産登録の国内推薦候補に同27年7月決定した神宿る島「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産・「新原・奴山古墳群」など最新の知見も学びます。

 6日の講義では、午前9時からスライドを映写して、〈貝寄せの浜〉と呼ばれる津屋崎浜のいわれや、江戸時代後期の寛政12年(1800年)に津屋崎浦を訪れた当時6歳の第10代福岡藩主・黒田斉清(なりきよ)に貝手頭(かいてがしら)佐治徳左衛門が献上した津屋崎浜で採った21種類の貝の絵図=写真@=と、勝浦浜で産卵するアカウミガメ、津屋崎干潟で繁殖するカブトガニ、津屋崎海岸に設置されている「朝鮮通信使と相島交流の碑」などについての座学。このあと現地研修で、同相島交流の碑、アアサギマダラ飛来地などを巡ります。
posted by ケント at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年04月23日

〈お知らせ〉0131:〈津屋崎千軒よっちゃん祭〉で繰り上げ開館

〈お知らせ〉0131:@1604171431「よっちゃん祭」2016年ポスター001.jpg
写真@:〈津屋崎千軒よっちゃん祭〉のポスター

きょう23日、「貝寄せ館」開館1時間繰り上げ
〈津屋崎千軒よっちゃん祭〉開幕のため

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、福津市の恒例イベント・〈津屋崎千軒よっちゃん祭〉=写真@=が開幕する4月23日、津屋崎3丁目にある本会の観光ボランティアガイド拠点事務所・「貝寄せ館」の開館時刻を1時間繰り上げ午前10時から開館します。

 「津屋崎を遊ぶ」をテーマにした今年の〈津屋崎千軒よっちゃん祭〉(24日まで)では、「豊村酒造」で清酒「豊盛」の試飲即売やお酒のケーキが楽しめる酒造カフェが設けられ、「津屋崎千軒民俗館『藍の家』」では藍染め、三十六歌仙貝の展示、「玉乃井」で第11回津屋崎現代美術展を開催。「貝寄せ館」では、明治40年(1907年)に伊藤伝右衛門らが出資した会社が翌41年に開設した曽根の鼻の「活洲場(いけすば)」が、活洲料理と遊覧で魚に引かれて津屋崎遊び≠ニして大評判になった「活洲場(いけすば)」や、明治41年から昭和14年(1939年)まで福間から津屋崎への観光客の足となっていた「津屋崎馬車鉄道」の写真を展示しています。
posted by ケント at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年04月15日

〈お知らせ〉0130:ガイド養成講座第6回講義のご案内

〈お知らせ〉0130:@第4期ガイド養成講座第6回講義テキスト表紙.jpg
写真@:第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座第6回講義のテキスト表紙

あす16日、「貝寄せ館」で第6回講義
第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が2015年11月1日から始めた第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座(受講無料)は4月16日、福津市津屋崎3丁目の観光ボランティアガイド拠点事務所の「貝寄せ館」で第6回講義を行います。

 講座は、新入会員対象の即戦力ガイド養成を目指して全10回開講。今期は、福岡県内でただ一か所の『絶景日の道100選』に認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km。平成26年7月開設)や、世界遺産登録の国内推薦候補に同27年7月決定した神宿る島「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産・「新原・奴山古墳群」など最新の知見も学びます。

 16日の講義では、午後2時からスライドを映写して、明治41年(1908年)に開業し、昭和14年(1939年)の廃止まで福間―津屋崎間を走っていた「津屋崎馬車鉄道」=写真@=と、福津市立津屋崎小の南校舎内にある日宋貿易に携わった中国人街の〈唐坊〉跡とされる「在自唐坊跡展示館」についての座学。このあと現地研修で、馬鉄の「津屋崎駅」跡、「宮司停車場」跡などを巡ります。
posted by ケント at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年03月25日

〈お知らせ〉0129:ガイド養成講座第5回講義のご案内

〈お知らせ〉0129:@「伊藤伝右衛門と白蓮ゆかりの写真」.jpg
写真@:「貝寄せ館」に展示されている「伊藤伝右衛門と白蓮ゆかりの写真」

あす26日、「貝寄せ館」で第5回講義
第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が2015年11月1日から始めた第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座(受講無料)は2月26日、福津市津屋崎3丁目の観光ボランティアガイド拠点事務所の「貝寄せ館」で第5回講義を行います。

 講座は、新入会員対象の即戦力ガイド養成を目指して全10回開講。今期は、福岡県内でただ一か所の『絶景日の道100選』に認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km。平成26年7月開設)や、世界遺産登録の国内推薦候補に同27年7月決定した神宿る島「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産・「新原・奴山古墳群」など最新の知見も学びます。

 26日の講義では、午後2時からスライドを映写して筑豊の炭鉱王=E「伊藤伝右衛門の足跡」と「津屋崎にあった伝右衛門のお抱え運転手宅」、「伝右衛門夫人が泊まった津屋崎の旅館」、「伝右衛門・白蓮ゆかりの写真」=写真@=、「炭鉱主と津屋崎」、「堀三太郎旧邸」についての座学。このあと現地研修で、曽根の鼻の「活洲場」跡や「お抱え運転手宅」などを巡ります。
posted by ケント at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年02月06日

〈お知らせ〉0128:新年例会で「貝寄せ館」休館のご案内

〈お知らせ〉0128:@BS-TBS番組表「新・日本歩く道紀行」010.jpg
写真@:テレビ番組「新日本歩く道紀行」〜時をつなぐ旅路〜を紹介したBS-TBSのホームページ

「海とまちなみの会」の新年例会のため
あす2月7日(日)は「貝寄せ館」休館します

 「海とまちなみの会」は、7日正午から福津市の「お魚センター」2階のレストラン「つやざき漁港食堂 空と海」で新年会兼例会を開くため、観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」を臨時休館とさせていただきます。

▽7日放送のBSテレビ番組「新日本歩く道紀行」視聴のお薦め


 「新日本歩く道紀行100選選考・運営委員会」(事務局・東京)からの通知によると、「同100選シリーズ」で認定された道は、BS-TBSのテレビ番組「新日本歩く道紀行」〜時をつなぐ旅路〜=写真@=で毎週日曜日の午前9時30分から10時まで放映を始めています。

 2月7日は俳優の榎木孝明さんが旅人になり、『文化の道』に認定された千葉県香取市の「香取神宮と佐原の町並み」が放映されます。「新日本歩く道紀行100選シリーズ」で『絶景の道』に認定された福津市の「津屋崎里歩きフットパス」(「津屋崎千軒 海とまちなみの会」開設)もいずれ放映される予定ですので、ご参考にご覧ください。
posted by ケント at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年01月23日

〈お知らせ〉0127:新年会兼例会の延期ご案内

〈お知らせ〉0127:@1601240910福津市津屋崎7丁目の国道495号線003.jpg
写真@:雪に覆われた国道495号線(右は福津市立津屋崎小学校)
    =福津市津屋崎7丁目で、2015年1月24日午前9時10分撮影

「海とまちなみの会」の新年会兼例会
2月7日(日)に「空と海」で延期開催します

「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、1月24日(日)午後5時30分から福津市の「お魚センター」2階のレストラン「つやざき漁港食堂 空と海」で新年会兼例会を開く予定でしたが、大雪=写真@=のため、2月7日(日)正午から同店で延期開催します。「海とまちなみの会」の第4期ガイド養成講座第4回講義(津屋崎塩田学)も2月に延期し、日時は追って決定します。

◇「貝寄せ館」臨時休館のお知らせ
 
「海とまちなみの会」の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」も1月24日、大雪のため臨時休館いたします。
posted by ケント at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年01月13日

〈お知らせ〉0126:新年会兼例会のご案内

〈お知らせ〉0126:@1208161715「空と海」外観優01.JPG
写真@:新年会の会場・「つやざき漁港食堂 空と海」が2階にある福津市お魚センター
=福津市津屋崎4丁目47−18

1月24日(日)に「海とまちなみの会」の新年会兼例会
福津市お魚センター2階の「空と海」で開きます

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、1月24日(日)午後5時30分から福津市津屋崎4丁目の「お魚センター」2階のレストラン「つやざき漁港食堂 空と海」(рT2−5001)=写真@=で、新年会兼例会を開きます。

 新年会の会食会費は2千円で、お酒注文の方は別に各自負担です。12日までに14人から出席通知をいただいております。入会希望の方を含め出席される方は、事務局・吉村(電話090−7451−8063)へ17日までに事前連絡ください。

 例会では、「海とまちなみの会」が開設した「津屋崎里歩きフットパス」の『絶景の道100選』認定や、福津市・「津屋崎浜」と「宮地浜」の海浜植物保護板の設置、新年を祝し、2月以降の企画事業について協議します。

◇お知らせ

■「海とまちなみの会」の第4期ガイド養成講座第4回講義(津屋崎塩田学

日時 1月24日(日)午後4時〜5時
場所 福津市津屋崎3丁目の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」
対象 「海とまちなみの会」会員の観光ボランティアガイド希望者
参加 無料
posted by ケント at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年11月17日

〈お知らせ〉0125:津屋崎舞台のドラマがアンコール全国放送

〈お知らせ〉0125:@チラシ表「ここにある幸せ」img218.jpg
写真@:NHK福岡放送局制作の福岡発地域ドラマ『ここにある幸せ』(津屋崎物語)のPRチラシ

23日9時5分からNHK総合テレビでアンコール全国放送
ドラマ・『ここにある幸せ』(津屋崎物語)で再び『絶景』に脚光

 NHK福岡放送局制作の2014年度福岡発地域ドラマ『ここにある幸せ』(津屋崎物語)=写真@=が、国際ドラマフェスティバルinTOKYOの「東京ドラマアウォード2015」作品賞で『ローカルドラマ賞』を受賞、11月23日(月曜・祝日)午前9時5分から総合テレビでアンコール全国放送されます。

 『ここにある幸せ』は、松田翔太さん主役の立川浩幸(28歳)が東京での会社勤めのノルマや人間関係に疲れて仕事を辞め、小学校5年生の時の級友が転校して行った福岡県福津市の小さな港町・津屋崎を訪れ、古民家(津屋崎千軒民俗館『藍の家』)に独りで住む級友の母で明るく話し好きな宮本信子さんが演ずる花田福子(72歳)と出会います。津屋崎漁港や81段の石段最上部から真っすぐ1.4Km延びる参道沖に玄界灘が遠望できる「宮地嶽神社」など福子の様々な思い出の場所へ連れ回されて恋愛談や苦労話を聞かされ、「恋の浦」海岸の絶景や人情に魅せられ、生きる力と喜びを感じて「ここが自分の古里だ」と確信。そのお礼に、福子の人生を聞き書きした本・『ここにある幸せ』を贈ります。さらに、恋人を東京から呼んで「恋の浦」の絶景を見せ、「素敵でしょう。気に入った?」と問いかけ、同意を得ます。

 このドラマは2015年1月16日、NHK総合テレビの九州沖縄ブロックで放映。3月8日には、BSプレミアムで全国放送され、以来、撮影舞台となった『藍の家』に各地から観光客や悩める若者の来訪が相次ぎました。「津屋崎千軒 海とまちなみの会」では、「恋の浦」の絶景ポイントを「津屋崎の恋人岬=vとし、「宮地嶽神社」石段から見下ろす玄界灘の眺望は『絶景の道100選』に認定された「津屋崎里歩きフットパス」コース一の見所として観光ガイドしています。ドラマのアンコール放送後、再び「津屋崎の恋人岬=vや『絶景の道』が脚光を浴びると期待しています。
posted by ケント at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年07月20日

〈お知らせ〉0124:「貝寄せ館」夏休み

〈お知らせ〉0124:@1507190920津屋崎祇園山笠「追い山」北流6413.JPG
写真@:津屋崎祇園山笠「追い山」で〈津屋崎千軒通り〉を駆ける〈北流〉の山笠
    =福津市津屋崎3丁目18−16の「貝寄せ館」前で、2015年7月19日午前9時20分撮影

「海とまちなみの会」事務所・「貝寄せ館」
きょう20日から9月4日まで夏休み休館します

 福津市津屋崎の夏祭り・「津屋崎祇園山笠」は7月19日、クライマックスの「追い山」=写真@=が行われ、幕を閉じました。「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」(同市津屋崎3丁目)は、きょう7月20日(月)から9月4日(金)まで夏休み休館します。

 夏休み休館は、暑さのため入館者が少ない時季を休み、9月から再び開館(土・日曜と祝日の11時〜15時)するもので、休み明け最初の開館は5日(土)です。夏休み休館期間に団体での観光ガイド申し込みをされる方は、事務局・吉村までメール(yosi3019@sage.ocn.ne.jp)でご連絡ください。
posted by ケント at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年07月18日

〈お知らせ〉0123:18日は夜間臨時開館

〈お知らせ〉0123:@1507181053津屋崎祇園山笠「岡流」表 001.jpg
写真@:福津市まちおこしセンターのイベント広場に飾られた〈岡流〉の山笠
    =福津市津屋崎3丁目で、2015年7月18日撮影

「海とまちなみの会」事務所・「貝寄せ館」

18日は夜間臨時開館、19日も10〜12時臨時開館 

 福津市津屋崎の夏祭り・「津屋崎祇園山笠」は7月18日午後5時から、津屋崎3丁目の「しおさい通り」に〈岡流(ながれ)〉=写真@=、〈新町流〉、〈北流〉の3流の山笠(重さ約1d)が勢ぞろいする「集団山見せ」が行われます。一帯は、夕方からふくつ夏まつり2015「サマーナイトインふくつ」(市商工会などで組織した実行委員会主催)のイベントで賑わうため、「海とまちなみの会」では観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」(津屋崎3丁目)を同7時から9時まで夜間臨時開館します。また、「追い山」開催の翌19日も、午前10時から正午まで臨時開館。翌20日(月)から8月31日(月)までは、夏休み休館します。

 夏休み休館は、暑さのため入館者が少ない時季を休み、9月から再び開館(土・日曜と祝日の11時〜15時)するもので、休み明け最初の開館は同月5日(土)です。夏休み休館期間に団体での観光ガイド申し込みをされる方は、事務局・吉村までメール(yosi3019@sage.ocn.ne.jp)でご連絡ください。
posted by ケント at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年06月07日

〈お知らせ〉0122:定期総会・懇親会ご案内

〈お知らせ〉0122:@写真1504201258門の入り口・「ビンタン」 005.jpg
写真@:懇親会の会場・あじあんカフェ&バル「ビンタン」

6月14日(日)に「海とまちなみの会」定期総会・懇親会

「貝寄せ館」は臨時休館させていただきます

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は6月14日(日)午前10時から福津市宮司浜2丁目の「宮司コミュニティセンター」研修室で平成27年度定期総会を開いた後、同11時30分から同市渡1892−46のあじあんカフェ&バル「ビンタン」=写真@=で懇親会(「ランチ」会食費1,500円)を開きます。このため、同市津屋崎3丁目の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」は同日、臨時休館させていただきます。

 懇親会会場の「ビンタン」(電話0940−62−6322)は4月25日、テレビ朝日系列の番組『人生の楽園』で全国放送された話題の漁師町の南国カフェ≠ナす=写真A=。本会で貸切予約していますので、総会には当日都合で出席できないが、懇親会に参加できる方は事務局・吉村(電話090−7451−8063)へ6月12日までに事前連絡のうえ、ぜひお越しください。

〈お知らせ〉0122:A「ビンタン」位置図img252.jpg
写真A:「ビンタン」位置図

 定期総会では、平成27年度の事業計画案や予算案を審議します。総会出欠の事前連絡を事務局・吉村までお願いします。議決権を有する一般会員(31人)で総会欠席の方は、総会の議決に従う旨委任の意思表明をお願いします。6月1日から向こう1年間の27年度会費(個人会員は千円、団体会員は3千円以上)は、総会当日までに吉村へお納めいただくか、下記口座に振り込みいただければ幸いです。

西日本シティ銀行福間支店普通預金口座
「津屋崎千軒 海とまちなみの会 会長吉村勝利」、口座番号1304781
posted by ケント at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年05月16日

〈お知らせ〉0121:「世界遺産シンポジウム」資料集で活動紹介

〈お知らせ〉0121:@冊子で紹介「世界遺産シンポジウム」.jpg
写真@:「世界遺産シンポジウム」資料集に掲載された「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の活動紹介記事

「世界遺産シンポジウム」に参加
配布の資料集で「津屋崎千軒 海とまちなみの会」紹介

 第6回「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群世界遺産シンポジウム「沖ノ島、その価値を未来へ伝えていくために」が、5月16日午後1時から4時30分まで、福津市文化会館「カメリアホール」で開催され、入場者に配布された同シンポジウム資料集(A4判、26n)に福津市の景観保護、まちづくり団体として「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の活動紹介記事=写真@=が掲載されました。

 資料集では、「海とまちなみの会」の設立年月や会員数、活動拠点のほか、町並み散策マップ・「津屋崎千軒そうつこう」発行や、西村幸夫・東京大学教授を招いての「津屋崎千軒まちこしへの提言」講演会開催、宮地浜「夕陽風景時計」建設と「津屋崎里歩きフットパス」開設などの活動を「フットパス・ウオーク」ガイドの写真付きで掲載。「アイデアを活かした活動を通じてまちおこしに大きく貢献しています」と紹介されています。

 同シンポジウムは、福岡県や宗像、福津両市などで構成する「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議が、平成29年のユネスコ世界遺産登録を目指して開催。私が所属する「海とまちなみの会」からも会員らが参加しました。世界遺産登録までには、日本の推薦候補資産の決定を受け、平成28年2月1日までに国からユネスコへ推薦書を提出、ユネスコの諮問機関・イコモスの審査に合格することが必要です。この日は、日本イコモス国内委員会委員長の西村幸夫・東京大学教授が「景観を慈しみ、遺産を守る」と題して講演しました。
posted by ケント at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年04月17日

〈お知らせ〉0120:「津屋崎千軒よっちゃん祭」18日開幕

〈お知らせ〉0120:@1504150918遠景・よっちゃん祭ポスター・「貝寄せ館」で5219.JPG
写真:「貝寄せ館」に張られた「津屋崎千軒よっちゃん祭」のポスター
    =福津市津屋崎3の「貝寄せ館」で、2015年4月15日撮影

あす18日開幕、19日まで開催
「津屋崎千軒よっちゃん祭」

 あす4月18日(土)午前10時から午後5時まで、福津市の〈津屋崎千軒〉一帯で恒例の「津屋崎千軒よっちゃん祭」(同実行委員会主催)が開幕。「津屋崎千軒 海とまちなみの会」では、観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」=写真=の開館時刻11時を1時間繰り上げます。同祭は19日(日)も午前10時から午後4時まで開催されます。雨天決行。

 〈津屋崎千軒〉の町並みのランドマーク・「豊村酒造」では、清酒「豊盛」の試飲・即売や、お酒のケーキ販売のほか、「ポパイ」、「トムとジェリー」など昔のアニメ(18日)、「チャップリン短篇選」、「キートン傑作選」など喜劇映画特集(19日)の上映が行われます。隣の「津屋崎千軒民俗館『藍の家』」では、NHK福岡放送局が津屋崎を舞台にして制作、1月に放映した福岡発地域ドラマ・「ここにある幸せ」(津屋崎物語)主演の宮本信子・松田翔太さんの食事シーンに使われた座敷のセットを再現、主演二人のサイン色紙やロケ地撮影スタッフらとの記念撮影写真などゆかりの品が展示されます。

 「津屋崎漁港」アーケードでは、海産物や地元産品を直売。そばの「お魚センターうみがめ」駐車場に特設したステージでは、音楽演奏や歌が披露されます。福津市まちおこしセンター「津屋崎千軒なごみ」では、地元野菜を直売。問い合わせは、同センター(рO940−52−2122)へ。
posted by ケント at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年04月05日

〈お知らせ〉0119:バス停名変更

〈お知らせ〉0119:@15041318東側から優・バス停「津屋崎千軒なごみ入口」014.jpg
写真@:「津屋崎千軒なごみ入口」の西鉄バス停(向こうは「津屋崎漁港)方面)

「貝寄せ館」の最寄りの西鉄バス停名が
〈津屋崎千軒なごみ入口〉に変わりました

 福津市津屋崎3丁目にある「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」最寄りの西鉄バス停名が、3月下旬から〈商工会津屋崎支所前〉から〈津屋崎千軒なごみ入口〉に変わりました。

 このバス停は、海岸道路から福津市まちおこしセンター「津屋崎千軒なごみ」に通じる〈しおさい通り〉との三差路そばにあります。ここでバスを降り、歩いて3分で同センターと「貝寄せ館」に着きます。「海とまちなみの会」のホームページにアップしている「貝寄せ館」案内地図も、変更されたバス停名を入れて差し替えました=写真A=。

「貝寄せ館」位置図.jpg
写真A:新バス停名を入れた「海とまちなみの会」ホームページの「貝寄せ館」案内地図
posted by ケント at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年03月23日

〈企画事業〉131:福津市住みよいまちづくり推進企画活動報告会

〈企画事業〉131・@150323福津市住みよいまちづくり企画「活動報告会」P3236183.JPG
写真@:「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の活動結果発表
   =福津市福間庁舎2階・大会議室で、3月23日撮影

福津市住みよいまちづくり推進企画事業の報告会
「海とまちなみの会」が回遊フットパス開設を発表

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は3月23日、福津市福間庁舎で開かれた「平成26年度市住みよいまちづくり推進企画事業」補助金の活動報告会で、市都市計画課との共働事業で開設した宮地浜設置「夕陽風景時計」―浜山松原―「宮地嶽神社」回遊フットパス(「津屋崎里歩きフットパス」)について活動結果を発表しました=写真@=。

 宮地浜設置「夕陽風景時計」―浜山松原―「宮地嶽神社」回遊フットパスは、「海とまちなみの会」が市景観計画に呼応し市制施行10周年記念事業として、夕陽の沈む時刻と方位、並びに水平線の島々が描かれたパノラマ風景が分かる「夕陽風景時計」を、宮地浜の「大阪屋」先の砂浜に市民募金約40万円で平成26年7月6日設置。さらに市補助金383,000円で、同時計から浜山の松原―「宮地嶽神社」を回遊する約6Kmのフットパス(Footpath 田園や里海など昔からある暮らしの風景を楽しみながら歩ける小径)を開設しました。

 活動報告会では、フットパス・コースの要所20か所に道標を設置、7月6日に初歩き、8月10日に夏休み体験講座、10月19日に「宮地嶽神社」から参道沖の玄界灘に沈む夕陽を観る会を開催、新聞やラジオ、福津市広報時誌、福岡県季刊広報誌「グラフふくおか」春号で紹介されたことなどを報告。市の住みよいまちづくり推進企画事業補助金に関する審査員5人からご好評をいただきました。
posted by ケント at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ