2015年11月13日

〈企画事業〉146:第3回まちなみフォーラム福岡

〈企画事業〉146:@1511131429末廣公香会員優・第3回福岡フォーラムで025.jpg
写真@:パネルディスカッションで立って意見発表する末廣公香会員
   =飯塚市内野の「正円寺」で、2015年11月13日午後2時25分撮影

「第3回まちなみフォーラム福岡in内野宿」開催
パネルディスカッションで「海とまちなみの会」が活動報告

 「第3回まちなみフォーラム福岡in内野宿」(一般社団法人内野地区活性化協議会、「まちなみネットワーク福岡」など主催)が11月13日、飯塚市内野宿で開かれ、「まちなみネットワーク福岡」加盟団体の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」からも会員6人が参加しました。

 まちなみフォーラム福岡は、まちなみ保存継承活動のネットワークの強化を目指して、市民、行政、研究者などが連携して取り組むため開催。3回目のフォーラムは、長崎街道の宿場町「筑前六宿」の一つで知られる「内野宿」で午前10時から町並み見学のあと、情報交換の昼食会が「長崎屋」(下茶屋)で行われました。午後1時から浄土真宗寺院・「正円寺(しょうえんじ)」で「内野宿」の調査に携わった丸山雍成・九州大名誉教授の基調講演があり、「まちなみを活かしたまちづくりに必要な視点」をテーマにしたパネルディスカッションでは「海とまちなみの会」がパワーポイントのスライドを映写して「〈津屋崎千軒〉の町並み景観と町家の保全」活動を報告、パネリストで登壇した末廣公香会員=写真@=が意見発表しました。
posted by ケント at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167737550
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック