2015年11月01日

〈企画事業〉145:第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座

写真1511011428ハマボウ観察・第1回「津屋崎干潟」で第4期ガイド養成講座008.jpg
写真@:「津屋崎干潟」でハマボウを観察する第4期ガイド養成講座受講会員
   =福津市渡の「津屋崎干潟」で、2015年11月1日午後2時25分撮影

第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座スタート


 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、11月1日午後1時から第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座(受講無料)をスタート。福津市津屋崎3丁目の観光ボランティアガイド拠点事務所の「貝寄せ館」で座学のあと、黒田長政の位牌祀る「善福寺」の見学や、「津屋崎干潟」で魚を狙って猛禽のミサゴが飛ぶ様子や、福岡県のレッドデータブックで「絶滅危惧U類」に指定されている海浜植物・ハマボウ(アオイ科)の自生樹と、珍しいハママツナ(浜松菜。アカザ科)の紅葉を観察しました=写真@=。

 講座は、新入会員対象の即戦力ガイド養成を目指して全10回開講。今期は、福岡県内でただ一か所の『絶景日の道100選』に認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km。平成26年7月開設)や、世界遺産登録の国内推薦候補に同27年7月決定した神宿る島「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産・「新原・奴山古墳群」など最新の知見も学びます。この日の座学では、スライドを映写して「津屋崎学総論」と「江戸期津屋崎浦屋敷図」、地名・津屋崎の由来、国登録有形文化財・津屋崎千軒民俗館『藍の家』などの講義が行われました。
posted by ケント at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166920879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック