2022年12月17日

〈活動記録〉0741:「環境フォーラムinふくつ」開催

冒頭部分「海とまちなみの会」紹介ビデオ0526[1].jpg
写真@:町並み散策地図『津屋崎千軒そうつこう』をカットに入れた1分間ビデオ冒頭映像
    =2022年12月17日、福津市のイオンモール福津店1階ノースコートで撮影

「海とまちなみの会」紹介の1分間ビデオを放映しました

第17回環境フォーラムinふくつで景観まちづくり活動展示

 福津市主催の「第17回環境フォーラムinふくつ」が12月17日、イオンモール福津店1階ノースコートで開かれ、まちづくりボランティア団体・「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は福津市の景観まちづくり活動のパネルを展示し、同市津屋崎3丁目に開設している観光ボランティアガイド拠点事務所・「貝寄せ館」を中心とした活動紹介の1分間ビデオ=写真@は町並み散策地図『津屋崎千軒そうつこう』をカットに入れた冒頭の映像=を放映しました。

 活動紹介の1分間ビデオでは、「貝寄せ館」内に展示している江戸時代から栄えた津屋崎千軒の古風な趣のある町家の鏝絵、卯建の写真付き解説パネルや津屋崎塩田位置図、明治末に津屋崎の町興しに貢献した筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門の足跡写真、アオイガイ、桜貝といった津屋崎海岸で採集された約80種の貝殻などを映写しました。続いて、2014年に福津市と開設した「津屋崎里歩きフットパス」(『絶景の道100選』認定)や、緒方義幸会員が考案・設計し、本会の募金で設置しNHKテレビで全国放送されて全国的に有名になった宮地浜「夕陽風景時計」を紹介。

 展示会場には、ボードに「福津市の景観・自然環境と津屋崎千軒の町並み保全活動の取り組み」と題した景観まちづくり活動のパネルと、西日本新聞に掲載された緒方会員の宮地浜「夕陽風景時計」考案紹介記事、朝日新聞に載せられた同時計の写真付き記事も掲示=写真A=。見学の年配女性には、緒方会員が同時計版面に刻まれたループ曲線を見て、その日の夕陽の沈む時刻、方角の確認の仕方を解説、本会役員が津屋崎の歴史と文化、自然が分かる「貝寄せ館」の案内チラシをお渡ししました。
2212171334「海とまちなみの会」の展示パネル0914.JPG
写真A:ボードに張られた景観まちづくり活動のパネルと宮地浜「夕陽風景時計」紹介の新聞記事
posted by ケント at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録