2020年05月28日

〈事務局日記〉0368:「夕陽風景時計」公共空地占用許可3年延長

〈事務局日記〉0368:@1802231730宮地浜「夕陽風景時計」1860.JPG
写真@:夕陽観賞の人たちに親しまれている宮地浜「夕陽風景時計」
    =福津市宮司浜4丁目で、2018年2月23日午後5時30分撮影

宮地浜「夕陽風景時計」の「公共空地の一部占用」2回目の3年延長

福岡県知事の許可書が「海とまちなみの会」に届きました

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が平成26年7月3日、福津市の「宮地嶽神社」参道突き当たりの同市宮司浜4丁目の「宮地浜」(国有地)に設置した宮地浜「夕陽風景時計」が、福岡県知事から設置から3年ごとに必要な「公共空地の一部占用」期間更新で2回目の許可をいただき、令和2年7月4日から同5年7月3日までさらに3年間の期間継続が認められ、夕陽観賞に訪れる多くの方たちに引き続き楽しんでいただけることになりました=写真@=。

 宮地浜「夕陽風景時計」は、全国の約2百人から寄せられた寄付金約40万円で設置。緒方義幸・「海とまちなみの会」会員が、夕陽が沈む方向と時刻、福岡市の志賀島や福岡県新宮町の相島など水平線の島々が描かれた約150度のパノラマ風景が分かるように考案・設計、扇形に描いたステンレス製の時計版(縦60a、横100a)です。縦軸に日没時刻、横軸に方位と水平線に見える島影の風景が刻まれ、横8文字の「夕陽ループ曲線」をたどれば、一年間を通じて夕陽が沈む方向と時刻が分かります。

 3年前の「公共空地の一部占用許可」期間1回目更新の申請書には、宮地浜「夕陽風景時計」が新聞各紙やラジオ、テレビで紹介されたほか、NHKテレビで全国放送やNHK WORLDで国際放送され、平成29年5月までに観光客や市民の方々に親しまれる人気スポットになっていることを添えて福岡県に提出し、許可されました。期間2回目更新許可申請の今回は、令和2年5月26日付の小川洋知事名の占用許可書=写真A=が、福津市津屋崎2の「海とまちなみの会」事務局に28日届きました。

〈事務局日記〉0368:A2005281620宮地浜「夕陽風景時計」占用許可書6008.JPG
写真A:「海とまちなみの会」に28日届いた小川洋知事名の「公共空地の一部占用許可書」

 「海とまちなみの会」は、宮地浜「夕陽風景時計」を発着点として「宮司・浜の松原」、津屋崎浜、古風な趣のある町並み・〈津屋崎千軒〉を経て「宮地嶽神社」を回遊する「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8km、所要時間2時間30分)を、福津市制施行10周年記念事業として市都市計画課(現都市管理課)と共働で平成26年7月3日の同時計設置と同時に開設。市内初のフットパスで、同年9月30日、「新日本歩く道紀行100選選考委員会」(事務局東京)から『絶景の道100選』に福岡県内からただ一か所認定されました。宮地浜「夕陽風景時計」で夕陽が沈む方向と時刻を確かめて、クロマツ林の「宮司・浜の松原」の小道や、海を渡り2千Kmもの旅をする蝶・アサギマダラが砂引草の花の蜜を吸いに5,6月飛来する「津屋崎浜」、「宮地嶽神社」石段最上部から宮地浜まで真っすぐ延びた参道沖に沈む夕陽絶景が2月と10月の年二度だけ望める光の道≠ネど、四季折々の景色の移ろいを楽しめます。
posted by ケント at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2020年05月14日

〈活動記録〉0627:宮地浜「夕陽風景時計」定期清掃5月

〈活動記録〉0627:写真@2005121617斜正面近景・五月定期清掃後の「夕陽風景時計」5698.JPG
写真@:5月の定期清掃作業を終えた宮地浜「夕陽風景時計」
   =福津市宮司浜4丁目で、2020年5月12日撮影

人気スポット・宮地浜「夕陽風景時計」の清掃作業を行いました

光の道$竚iの「宮地嶽神社」参道石段から突き当りの海辺

「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は5月12日、福津市宮司浜4丁目の宮地浜「夕陽風景時計」(幅1.1m、奥行き70cm、高さ90 cm)の版面の汚れを落とし、土台前面に吹き寄せた浜砂を除くなどの清掃作業を終了=写真@=。福岡県は4月16日、緊急事態宣言の対象地域が拡大された全国47都道府県の中でも、新型コロナウイルス感染拡大防止策を重点的に行う「特定警戒都道府県」13自治体の一つになっていましたが、政府が5月14日に福岡県を含む39県の緊急事態宣言を解除しました。夏休みに向けて宮地浜「夕陽風景時計」をより多くの方が訪ねやすくなるよう、一日も早い新型コロナウイルス感染の終息を期待したいものです。

 宮地浜「夕陽風景時計」は、本会が福津市制施行10周年記念事業として平成26年(2014年)7月6日、市民ら約2百人から寄せられた募金約40万円で宮地浜に設置。2月23日ごろと10月18日ごろ年に二度だけ、夕陽が参道を黄金色に照らしながら玄界灘に浮かぶ「相島」(福岡県新宮町)の背後に沈む絶景・光の道≠ェ楽しめる「宮地嶽神社」参道石段最上部から、真っすぐ1.4`先の海辺にあります。扇形に描いたステンレス製の時計版の縦軸に日没時刻、横軸に方位と水平線に見える島影の約150度の「パノラマ風景」が刻まれており、横八文字形の「夕陽ループ曲線」をたどれば、一年間を通じて夕陽が沈む方向と時刻が分かります。

 光の道$竚iは、平成28年(2016年)2月に人気アイドルグループ「嵐」のJALの国内旅行企画CMで、テレビ放映され、全国的に知られる夕陽絶景が楽しめる人気スポットに。宮地浜「夕陽風景時計」も、NHK総合テレビで同年12月2日に「夕日の町に新名所」として福岡県内で放送され、同月28日の「NHKニュース おはよう日本」で「人気! 夕日が見える新名所」として全国放送されて有名になりました。「海とまちなみの会」では、夕陽の絶景が楽しめる人気スポットとして貴重な時計を守っていきたいと、毎月保守点検を兼ねた清掃作業を行っています。
posted by ケント at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2020年05月11日

〈おしらせ〉0169:5月例会は中止

〈おしらせ〉0169:@2005110823優津屋崎浜の波打ち際に舞い降りたカルガモ5667.JPG
写真@:波打ち際に舞い降りたカルガモ
    =「津屋崎里歩きフットパス」コースの福津市・「津屋崎浜」で、2020年5月11日撮影

◆お知らせ

新型コロナ感染拡大防止のため
「海とまちなみの会」の5月例会は中止します

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は5月24日(日)に「カメリアステージ図書館」・多目的室で開く予定の月例会を新型コロナ感染拡大防止のため中止します。

 「海とまちなみの会」が福津市との協働事業で開設した市内初のフットパス・「津屋崎里歩きフットパス」コースの「津屋崎浜」の波打ち際には11日早朝、カルガモが舞い降りていました=写真@=。群れで移動するのが普通のカルガモですが、1羽だけで時節柄か、“密”を避けての行動?

 緊急事態宣言の対象地域が拡大された全国47都道府県の中でも、新型コロナウイルス感染拡大防止策を重点的に行う「特定警戒都道府県」13自治体の一つになっている福岡県。運動と心身のリフレッシュを兼ね、早朝の「津屋崎浜」を独りで歩き、甘い潮の香や波打ち際に寄せる波の音、爽やかな風、バードウオッチングなど“初夏の自然を五感で味わうフットパス”を楽しむ――のはいかがでしょうか。免疫力アップも図りつつ、一日も早い新型コロナウイルス感染の終息を願いたいものです。 
posted by ケント at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年05月01日

〈おしらせ〉0168:貝寄せ館は5月中休館

〈おしらせ〉0168:2005010830「駐車場閉鎖中428〜510」掲示の福津市営地浜駐車場5548.JPG
写真@:「駐車場閉鎖中4/28〜5/10」掲示の福津市営宮地浜駐車場(道路突き当りに宮地浜「夕陽風景時計」があります)
    =福津市の国道495号線「宮地浜交差点」そばで撮影

◆お知らせ
新型コロナ感染拡大防止のため
「海とまちなみの会」の『貝寄せ館』は5月中休館します

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は5月に予定していた観光ガイド拠点事務所・『貝寄せ館』の開館を新型コロナ感染拡大防止のため中止します。

 緊急事態宣言の対象地域が全国47都道府県に拡大された4月16日、中でも新型コロナウイルス感染拡大防止策を重点的に行う「特定警戒都道府県」13自治体の一つとなった福岡県。福津市も不要不急の外出の自粛を呼び掛けています。

 「海とまちなみの会」が市都市計画課(現都市管理課)と協働事業で開設した「津屋崎里歩きフットパス」の発着点・宮地浜「夕陽風景時計」を訪れる際の駐車場所に便利な国道495号線「宮地浜交差点」そばの市営「宮地浜駐車場」出入り口には、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「駐車場閉鎖中4/28〜5/10」と福津市役所地域振興課名で掲示されています=写真@=。

 一日も早い新型コロナウイルス感染の終息を期待したいものです。
posted by ケント at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ