2019年02月09日

〈事務局日記〉0353:「デジカメ講座」津屋崎千軒撮影スポットガイド

〈事務局日記〉0353:@1902091338筑前津屋崎人形店巧房での元村講師・写真「デジカメ講座」1332.JPG
写真@:元村安孝講師(こちら向き)のアドバイスで撮影実習する「津屋崎千軒の撮影スポットを巡るデジカメ講座」受講者たち
=福津市津屋崎3丁目の「筑前津屋崎人形巧房」で、2019年2月9日午後1時35 分撮影

津屋崎千軒を散策しながら撮影楽しむ

「デジカメ講座」撮影スポットのガイドで協力しました
――福津市複合文化センター主催事業

 福津市複合文化センター歴史資料館の主催事業「津屋崎千軒の撮影スポットを巡るデジカメ講座」(受講無料)が2月9日、津屋崎千軒の町並み散策を楽しみながら開催。まちづくりボランティア団体・「津屋崎千軒海とまちなみの会」が江戸時代から栄えたA Quaint Town Tsuyazaki-sengen(古風な趣のある町・津屋崎千軒)の撮影スポットを紹介するガイドを務め、講師の「ヤスタカ写真事務所」(同市津屋崎)の元村安孝氏が撮影スポットでデジカメ撮影の方法についてアドバイスして行われました。

 午後1時、福津市内外から受講した男女14人が市複合文化センターに集合、町家に卯建と鏝絵の残る路地を吉村勝利・「海とまちなみの会」会長のガイドで散策。「筑前津屋崎人形巧房」=写真@=では、明治時代に赤ちゃんのおしゃぶりとして米粉で色塗りした人形で、独特の表情がかわいいと新聞やテレビ、ネットで紹介され、品切れ状態になるほど人気の「ごん太」も撮影しました。続いて同3時まで「豊村酒造」、「藍の家」、旧「玉乃井旅館」を訪ね、お気に入りのショットを次々とカメラに収め、町家の奥座敷まで撮影させていただいたと笑顔がこぼれる人も。

posted by ケント at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記