2018年07月16日

〈事務局日記〉0343:スナビキソウ群生地を調査

〈事務局日記〉0343:@1807160716スナビキソウ群生地を測量0151.JPG
写真@:「津屋崎浜」のスナビキソウ自生地の広さを巻き尺で測定
   =福津市津屋崎1丁目で、2018年7月16日午前7時15分撮影

「津屋崎浜」のスナビキソウ自生地の現況を調査

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は7月16日、福津市・「津屋崎浜」の海浜植物・スナビキソウ自生地の現況調査をしました=写真@=。長崎県・五島列島から北上して「津屋崎浜」に飛来する海を渡る蝶=Eアサギマダラが花の蜜を吸う希少植物・スナビキソウの保護策のための基礎調査です。

 それによると、「津屋崎浜」のスナビキソウ自生地は「宮地浜」との境界を流れる「中川」河口右岸から西側の津屋崎海水浴場方向へ延長約90bの砂浜から陸側の段丘に向かって幅約20bの区域に広がっており、スナビキソウ約950株を確認。西端のエリアでは6月27日以降の大雨による排水で、多数のスナビキソウが根こそぎ倒されていることも分かりました。

posted by ケント at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記