2018年02月28日

〈事務局日記〉0332:第2回「福津市環境保全に係る意見交換会」

〈事務局日記〉0332:@1505201140羽を広げて吸蜜するアサギマダラ・津屋崎浜で5326.jpg
写真@:羽を広げてスナビキソウの花の蜜を吸う海を渡る蝶<Aサギマダラ
    =福津市・「津屋崎浜」で、2015年5月20日午前11時40分撮影

第2回「福津市環境保全に係る意見交換会」開催
「ふくつ環境トラスト」を結成しました


 第2回「福津市環境保全に係る意見交換会」(市うみがめ課主催)が2月28日、市立図書館研修室で開かれました。市が平成29年3月に策定した「第2次福津市環境基本計画・生物多様性ふくつプラン」の実践に向けて、どのような方向性を持って進んでいくか、同基本計画推進の28環境団体代表らが協議した同年8月の第1回「意見交換会」に続いての開催。「津屋崎千軒 海とまちなみの会」や「干潟見守り隊」、「里山見守り隊」など団体代表や同課職員ら約40人が出席、「ふくつ環境トラスト」を結成し、事務局を同課に置くことを決めました。

 「意見交換会」では、5グループに分かれて意見を交換。「海とまちなみの会」では、5月から6月にかけて南方諸島から日本列島を北へ渡る蝶・アサギマダラ=写真@=が飛来して花の蜜を吸う海浜植物・スナビキソウが群生する「津屋崎浜」2か所に、福津市うみがめ課とともに海浜植物の保護を呼び掛ける掲示板を平成27年に設置していることを報告。今後、「ふくつ環境トラスト」の組織として保護策の強化や、子供たちも加わってのアサギマダラの観察・飛来調査で環境学習にも役立てたい、と提案しました。
posted by ケント at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2018年02月18日

〈事務局日記〉0331:「歴史講座」開催

〈事務局日記〉0331:写真@上空からみた勝浦峯ノ畑古墳.jpg
写真@:上空から見た福津市・「勝浦峯ノ畑古墳」(福津市複合文化センター歴史資料館平成29年度企画展の展示解説リーフレット」から)

福津市複合文化センター「歴史資料館」で開催
歴史講座「沖ノ島と津屋崎古墳群出土の銅鏡をめぐって」受講

 福津市複合文化センター「カメリアステージ」歴史資料館主催の歴史講座「沖ノ島と津屋崎古墳群出土の銅鏡をめぐって」が2月18日、「カメリアホール」2階・視聴覚室で午後1時30分から3時30分まで開かれ、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」から観光ボランティアガイドら8人も受講しました。

 歴史講座は受講無料で、講師は『鏡と初期ヤマト政権』(すいれん舎)の著書がある辻田淳一郎・九州大学大学院人文科学研究院准教授(日本考古学)です。福津市の「津屋崎古墳群」(国指定史跡)のうち、「新原・奴山古墳群」は2017年に世界文化遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産の一つで、「海とまちなみの会」の世界遺産ガイド・コースになっており、ガイド力アップにつながると歴史講座を受講。

 辻田講師は、この日の歴史講座で福津市勝浦にある・「勝浦峯ノ畑古墳」(墳長100bの前方後円墳。5世紀築造)=写真@=について「津屋崎古墳群の北の端にあり、沖ノ島祭祀遺跡から出土の大型銅鏡と同種の大型銅鏡が副葬されていた。古墳の埋葬者が沖ノ島遺跡祭祀にかかわったことも考えられ、重要な古墳」と講演、受講者の関心を集めていました。
posted by ケント at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2018年02月07日

〈事務局日記〉0330:「体験体感ツアー」開催

〈事務局日記〉0330:@写真1802071030雪景色の「いいかねパレット」全景1640.JPG
写真@:平成29年度会員交流会&「体験体感ツアー」研修会が開かれた雪景色の「いいかねPalette」
   =田川市猪国の旧猪井金小校舎跡で、2018年2月7日午前10時30分撮影

筑豊地域のまちづくり・景観づくり活動を学ぶ
「体験体感ツアー」(「県美しいまちづくり協議会」主催)に参加

 筑豊地域のまちづくり・景観づくり活動を学ぶ平成29年度会員交流会&「体験体感ツアー」(「福岡県美しいまちづくり協議会」主催)が2月7日、積雪に見舞われた田川市で開催され、福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」ら協議会員の県内各地のまちづくり団体や市町村の都市計画担当職員が参加しました。

「体験体感ツアー」は参加無料で、「地域の景観をつくる・活かす・アピールする」をテーマに毎年開催。この日は、田川市の都市計画や「たがわフィルムコミッション」の取り組みについての研修会、2017年4月にリユーアルオープンした同市伊田の「田川市石炭・歴史博物館」の見学などを行いました。

 研修会は午前10時30分から田川市猪国の2014年廃校になった旧猪井金小校舎跡利用の宿泊・音楽等の交流施設「いいかねPalette」(株式会社BOOK運営)=写真@=でスタート。田川市都市計画課の取り組みや、同市のNPO法人風治(ふうじ)さつきの会の「水辺空間を活かしたまちづくり〜番田河原の利活用と地域の連携等〜」、たがわフィルムコミッション事務局(田川市建設経済部たがわ魅⼒向上課内)の「ロケ誘致によるまちづくり〜フィルムコミッション事業〜」の活動報告を聴講しました。

 川崎町のレストランで昼食後、ユネスコの世界記憶遺産に登録された飯塚市出身絵師・山本作兵衛の筑豊炭田の記録画「山本作兵衛コレクション」が展示されている「田川市石炭・歴史博物館」を視察し、解散しました。
posted by ケント at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記