2017年12月14日

〈事務局日記〉0325:「カメリアステージ」歴史資料館講座

〈事務局日記〉0325:@1707090812駐車場から見た「カメリアステージ図書館」  012.jpg
写真@:展示内容を学ぶ講座が開かれた「カメリアステージ歴史資料館」(1階)
   =福津市津屋崎1丁目7−2で撮影

福津市・「カメリアステージ歴史資料館」講座で展示内容を学びました

 福津市複合文化センター「カメリアステージ」主催の歴史資料館講座(受講無料)が12月13日、「カメリアホール視聴覚室」と「カメリアステージ歴史資料館」=写真@=で開かれ、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」からも会員5人が受講しました。

 講座は、7月8日に開館した「カメリアステージ」が、福津市内でボランテイアガイドをしている団体に1階の「歴史資料館」のガイドに役立ててほしいと開催。講師の井浦一・市教委文化財課史跡整備係長が、午後1時半から「カメリアホール視聴覚教室」で「歴史資料館」展示品目録を教材に@九州歴史資料館に収蔵されていた福津市内の遺跡で発掘された出土品のほとんが返還され、収蔵展示されているA世界遺産に7月登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産・「新原・奴山古墳群」の展示室で古墳の復元状態が見られるB「歴史資料室」では市内で収集された古文書や写真などが閲覧できる――と講義。

 このあと、受講者は「カメリアステージ歴史資料館」に移動し、旧石器時代から縄文、弥生、古墳時代、平安、鎌倉、室町、戦国・江戸時代までの「通史展示」コーナーや、「新原・奴山古墳群」から出土の勾玉、ガラス玉などを展示している「特別展示室1」と、市内の各古墳から出土した全国でも珍しい馬具や武具、鉄製工具を展示の「特別展示室2」、「新原・奴山古墳群展示室」などを午後3時半まで見学しました。

posted by ケント at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記