2017年10月06日

〈マスコミ紹介〉20171006:読売新聞に絶景の道<tットパス告知記事掲載

〈マスコミ紹介〉20171006:@2017年10月6日付「絶景の道フットパス」告知記事掲載.jpg
写真@:2017年10月6日付読売新聞に掲載された絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観の告知記事

読売新聞のイベント紹介面に参加者募集記事掲載
10月18日開催の絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が10月18日に福津市で開催する絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観の参加者募集記事が、10月6日付読売新聞福岡版のイベント紹介企画面「エンジョイ福岡」に掲載されました=写真@=。

 記事では〈福津の「絶景の道」を散策 18日〉の2段見出し付きで、津屋崎里歩きフットパス」(『絶景の道100選』認定)コースの「宮地嶽神社」周辺や海岸沿いを散策すると紹介。18日は、午後2時15分、福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」(西鉄「宮地嶽神社前」バス停前)に集合。午後2時半から81段ある同神社参道石段を上り、海岸まで1`以上続く「光の道」(平成28年2月に人気アイドルグループ「嵐」のJALテレビCMで全国的に有名になった年2度だけしか見られない夕陽が参道を照らして沈む絶景)を歩き、途中、「海心寺」で歌謡や舞踊関係者の信仰を集める「金剛歌菩薩」、「金剛舞菩薩」を拝観後、「宮地浜」で玄界灘に沈む夕陽を鑑賞し、同6時に解散するとし、同浜から見える夕陽の光景写真(2016年10月18日撮影=本会提供)を添えています。

 参加者は動きやすい服装、靴で、水筒持参。参加費は、保険・資料代2百円。雨天中止。先着順30人を12日(木)まで「海とまちなみの会」事務局でメールyosi3019@sage.ocn.ne.jpか、電話090−7451−8063で受け付け中。
posted by ケント at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介