2016年07月23日

〈事務局日記〉0290:月刊地域情報誌に宮地浜「夕陽風景時計」掲載

〈事務局日記〉0290:@1607230657夕陽風景時計・「eーみる」8月号トリミング 001.jpg
写真@:地域情報誌『e-みる』に掲載された宮地浜「夕陽風景時計」

15万部発行の月刊地域情報誌『e-みる』8月号に
宮地浜「夕陽風景時計」と「津屋崎里歩きフットパス」掲載
 
 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が福津市宮司浜4丁目の砂浜に設置している宮地浜「夕陽風景時計」が、福岡県筑紫野市永岡の広告代理店・株式会社「K-Style」の月刊地域情報誌『e-みる』8月号(A4判、63n。7月22日発行)に掲載されました=写真@=。

 「K-Style」によると、『e-みる』は毎月15万部発行、戸別配布しているフリーペーパーで、福岡県春日、大野城、太宰府、築市野、小郡市や那珂川町、佐賀県鳥栖市、基山町、筑前エリアのNO1地域情報誌という。

 宮地浜「夕陽風景時計」は、裏表紙前の62〜63ページの見開き特集「夏だ海だ福津へGOGO!」に企画記事で紹介=写真A=。「夕陽風景時計」の縦見「夏だ海だ福津へGOGO!」に企画記事出しを付け、「宮地嶽神社から延びた参道先の宮地浜にある」として、「夕陽の沈む時刻と方角、水平線のパノラマ風景が即座に分かり、海水浴客や夕陽観賞をする方々の人気を集めています」と説明、カット写真に夕陽風景時計のアップ画像と同時計前の玄界灘に沈む夕陽(同時計考案・設計者の緒方義幸「津屋崎千軒 海とまちなみの会」会員撮影)が添えられています。

〈事務局日記〉0290:A1607230657夕陽風景時計「福津へGOGO!」見開きページ・「eーみる」8月号003.jpg
写真A:福津市の魅力スポットを見開き2nで掲載した「夏だ海だ福津へGOGO!」の特集記事

 記事は「夕陽風景時計」前を発着点として松原や「津屋崎浜」、「宮地嶽神社」を2時間半で巡る「津屋崎里歩きフットパス」で津屋崎を堪能できます、と紹介し、宮地浜「夕陽風景時計」と「津屋崎里歩きフットパス」の魅力を合わせてPR。
posted by ケント at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記