2016年04月29日

〈事務局日記〉0281:第10回福岡県景観大会で活動発表へ

〈事務局日記〉0281:@1409220710優・宮地浜「夕陽風景時計」4042.JPG
写真@:「海とまちなみの会」が市民募金で設置した宮地浜「夕陽風景時計」
    =福津市宮司浜4丁目で、平成26年9月22日撮影

第10回福岡県景観大会で活動発表します
「夕陽風景時計」を活用した地域づくり

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は4月29日、福津市津屋崎3丁目の「貝寄せ館」で例会を開き、5月21日(土)に福岡市の「アクロス福岡」で開かれる第10回福岡県景観大会で、本会の緒方義幸・景観デザイン委員会委員長が考案した夕陽の沈む時刻と方角が即座に分かる「夕陽風景時計」を活用した地域づくり〜夕陽を楽しむ まち興しツール〜と題して活動発表することを決めました。県景観大会は、まちづくり団体や県内市町村、大学などで組織している「県美しいまちづくり協議会」と県の主催。午前11時から「アクロス福岡」の円形ホールで、加盟団体の活動発表が行われます。

 「海とまちなみの会」では、緒方委員長が@古賀市の防風林を守る会の要請で、平成23年に中川河口の海岸に第1号の「夕陽風景時計」を設置A第1号を視察した福津市の「海とまちなみの会」が第2号を同市の「宮地浜」に市民募金で平成26年に設置=写真@=、合わせて同時計前を発着点とした「津屋崎里歩きフットパス」を開設し、夕陽景観を楽しむ市民や観光客に好評のうえ、同フットパスが『絶景の道100選』に認定されるなど、全国的にも知られるようになったB第2号の評判に注目した福津市・唐津街道畦町宿場跡を守る住民団体の求めで、第3号を神社の展望所に平成28年2月設置した――と「夕陽風景時計」の活用がまち興しにもつながっていることをスライドを映写して説明します。
posted by ケント at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記