2016年03月25日

〈企画事業〉150:「津屋崎千軒フットパスまつり」開催決定

〈企画事業〉150・@スキャン「津屋崎千軒フットパスまつり」チラシ.jpg
写真@:「津屋崎千軒フットパスまつり」のチラシ

『絶景の道100選』認定1周年記念し、9月17日に開催決定
「津屋崎千軒フットパスまつり」&「第4回まちなみフォーラム福岡in津屋崎千軒」 

 福岡県内各地で地域遺産を活かしたまちづくりに取り組む団体が交流を進める「まちなみネットワーク福岡」(北島力代表)の会員会議が3月25日夜、福岡市で開かれ、9月17日(土)に福津市で『絶景の道100選』認定1周年記念「津屋崎千軒フットパスまつり」&「第4回まちなみフォーラム福岡in津屋崎千軒」=写真@=を、同市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」(吉村勝利会長)、「藍の家保存会」(柴田富美子代表)、「津屋崎ブランチLLP(有限責任事業組合)」(山口覚代表)と開催することが決まりました。参加無料で県内外から約百人の参加者を6月から募集する計画。
 
 計画によると、「海とまちなみの会」が2014年開設した「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km、所要時間2時間半)が15年9月に『絶景の道100選』に認定されて1周年を記念し、福津市津屋崎地区で「津屋崎千軒フットパスまつり」を開催。@午前10時からフットパスウオークをA「津屋崎里歩きフットパス」B世界遺産登録推薦候補の構成資産・「新原・奴山古墳群」の2つの道別に楽しみA午後1時から「まちなみネットワーク福岡」の「第4回まちなみフォーラム福岡in津屋崎千軒」を「豊村酒造」酒蔵ほかで開催、景観や世界遺産、町並み保全・継承、まちづくりにつなげるのが狙いです。

 「豊村酒造」酒蔵での「第4回まちなみフォーラム福岡in津屋崎千軒」の基調講演では、内田晃・北九州市立大学地域戦略研究所教授が「「フットパスの魅力とまちづくり」の演題で講演。続いて、大森洋子久留米工大教授がコーディネーター、田上健一九州大大学院教授がアドバイザーとなり、「町家の再生活用と町並み景観の保全」をテーマにした「まちなみパネルディスカッション」を行います。パネリストの金氣順也・「海とまちなみの会」会員(一級建築士)、山口覚「津屋崎ブランチLLP」代表、中島孝行NPO八女デザイン研究会理事長の事例報告の後、討論します。

 午後4時25分からは三つの分科会に分かれ、Tフットパスで活かす世界遺産=(「豊村酒造」酒蔵)、U古民家の再生活用と移住受入(旧「河野邸」)、 V伝建制度、街環事業など国の制度を活用する町並み保存・継承の展開(「玉乃井」)をテーマに議論を深めます。同6時30分からは、情報交換・交流会(民宿まさご=参加料5千円。津屋崎1丁目)を開く予定。
posted by ケント at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

〈お知らせ〉0129:ガイド養成講座第5回講義のご案内

〈お知らせ〉0129:@「伊藤伝右衛門と白蓮ゆかりの写真」.jpg
写真@:「貝寄せ館」に展示されている「伊藤伝右衛門と白蓮ゆかりの写真」

あす26日、「貝寄せ館」で第5回講義
第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が2015年11月1日から始めた第4期〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイド養成講座(受講無料)は2月26日、福津市津屋崎3丁目の観光ボランティアガイド拠点事務所の「貝寄せ館」で第5回講義を行います。

 講座は、新入会員対象の即戦力ガイド養成を目指して全10回開講。今期は、福岡県内でただ一か所の『絶景日の道100選』に認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km。平成26年7月開設)や、世界遺産登録の国内推薦候補に同27年7月決定した神宿る島「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産・「新原・奴山古墳群」など最新の知見も学びます。

 26日の講義では、午後2時からスライドを映写して筑豊の炭鉱王=E「伊藤伝右衛門の足跡」と「津屋崎にあった伝右衛門のお抱え運転手宅」、「伝右衛門夫人が泊まった津屋崎の旅館」、「伝右衛門・白蓮ゆかりの写真」=写真@=、「炭鉱主と津屋崎」、「堀三太郎旧邸」についての座学。このあと現地研修で、曽根の鼻の「活洲場」跡や「お抱え運転手宅」などを巡ります。
posted by ケント at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年03月24日

〈事務局日記〉0279:「歩きんぐくらぶ」HP地図差し替え

「津屋崎里歩きフットパス」ルート図スキャン.jpg
写真@:「歩きんぐくらぶ」HPの「津屋崎里歩きフットパス」コース差し替え地図

『絶景の道100選』認定の「津屋崎里歩きフットパス」
「歩きんぐくらぶ」HPコース地図を差し替えしました

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は3月24日、「ツーリズムウオーク 歩きんぐくらぶ」のホームページhttp://alkg.jp/に掲載されている『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩きフットパス」のコース地図を差し替えました。

 「津屋崎里歩きフットパス」(「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が福津市都市計画課との共働事業で開設)は2015年9月、「新日本歩く道紀行100選選考・運営委員会」(名誉顧問・石原信雄一般財団法人地方自治研究機構会長、事務局・東京)から福岡県内で1か所の『絶景の道100選』に認定。「新日本歩く道紀行100選」のホームページhttp://michi100sen.jp/で、同100選シリーズの趣旨や第1期認定コース(テーマ別一覧)として掲載されているほか、「ツーリズムウオーク 歩きんぐくらぶ」のホームページで詳細情報が紹介されています。

 「津屋崎里歩きフットパス」のコース地図の差し替えでは、公衆トイレが利用できる場所として、溜池・「新堤池」の東側にある福津市宮司ケ丘の都市公園「清田ケ浦広場」にトイレ・マークを追加しました=写真@=。
posted by ケント at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年03月16日

〈マスコミ紹介〉20160316:アサギマダラの幼虫を福津市で初確認記事掲載

〈マスコミ紹介〉20160316:@2016年3月16日付読売新聞スキャン.jpg
写真@:福津市山中でのアサギマダラの幼虫発見を掲載した16日付読売新聞記事
   
アサギマダラの越冬幼虫を福津市で初確認
読売新聞に大きく掲載されました

 福津市本木の山中で、2千Kmもの海を渡る蝶≠ニして知られるアサギマダラの幼虫がつる性の植物・キジョラン(ガガイモ科)の葉の裏にいるのを3月7日、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の女性会員が見つけ、同会員ら6人が8日現地調査した模様が、16日付読売新聞福岡面のトップ記事で大きく掲載されました=写真@=。

 記事は、「福津発≠フアサギマダラ」、「幼虫確認 1か所に多数」「市民グループ 羽化後に印、移動調べる」の3本見出しに、幼虫を探す会員たちと幼虫、会員が福津市・「津屋崎浜」で撮影したアサギマダラの写真3枚付き。植物に詳しい「宗像植物友の会」会員でもある藤井えり子、久保田由美子両会員が、幼虫を見つけた経緯も紹介されています。

 幼虫が見つかった山中から約8Km北西の福津市・「津屋崎浜」では、「海とまちなみの会」会員が2015年は5月11日にアサギマダラ1匹が初飛来したのを観察して以来ほぼ毎日、6月11日まで1〜12匹の飛来を確認。しかし、渡りの季節外れの時季の同年7月18日から22日までに1〜4匹の飛来が観察されたことから、同市内で産卵、孵化して成長した可能性があるとの研究家の指摘を受け、食草で産卵場所にも使われるキジョランの自生地が近くにないか、フィ−ルド調査を続けていました。



posted by ケント at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2016年03月12日

〈事務局日記〉0278:光の道♀マ光ガイド

1603121819「宮地嶽神社」参道石段最上部から絶景を見る人たち優013.jpg
写真@:参道石段の最上部から1.4K先の宮地浜まで延びる『絶景の道』を楽しむ人たち
=福津市宮司元町の「宮地嶽神社」で、2016年3月12日午後6時15分撮影

「宮地嶽神社」の光の道≠ニ、奥の宮八社巡りガイド

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は3月12日、東京と福岡からの女性グループ8人
のお客様を福津市宮司元町の「宮地嶽神社」の光の道≠ニ、奥の宮八社巡りの観光ボランティアガイドを行いました。

 「宮地嶽神社」の81段ある参道石段の最上部から1.4K先の宮地浜まで真っすぐ延びる参道の夕陽絶景が2月11日、人気アイドルグループ・「嵐」のメンバー5人が感動する光の道≠ニしてテレビCMで放映以降、各地から「嵐」ファンの同神社参拝が急増。3月発売の週刊誌・『週刊女性』に「嵐が見た絶景ロケ地に『共有したい』ファン殺到」の記事が掲載され、福岡の嵐神社≠ニしてファンの根強い人気が続いているようで、12日夕も石段最上部には参道の絶景を撮影する若いカップルや年配女性グループなど、光の道♀マ光客が集まる賑わいぶり=写真@=。

 しかし、この日は石段最上部に立っても、夕陽が参道を照らしながら参道延長線上の玄界灘に浮かぶ相島(福岡県新宮町)背後に沈む光の道$竚i観賞はできません。2月23日ごろと10月18日ごろの年に二度だけが、光の道$竚i観賞が楽しめる日ですとガイドから説明を聞いた参拝客の方たちは、やや残念な表情ながら「夕陽に照らされなくても、参道の眺めはすばらしい」と感動した様子でした。
posted by ケント at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年03月09日

〈事務局日記〉0277:『絶景の道』案内看板デザイン

〈事務局日記〉0277:@案内看板『絶景の道』スキャン.jpg
写真@:『絶景の道』案内看板デザイン

『絶景の道100選』認定の「津屋崎里歩きフットパス」用に
案内看板デザインと「新日本歩く道紀行100選シリーズ」のロゴマーク届く 

 「新日本歩く道紀行100選運営委員会」(名誉顧問・石原信雄一般財団法人地方自治研究機構会長、事務局・東京)から3月9日、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」へ『絶景の道100選』に認定した「津屋崎里歩きフットパス」の案内に使用する『絶景の道』看板のデザイン=写真@=と、「新日本歩く道紀行100選シリーズ」のロゴマーク=写真A=のデータが送られてきました。全国で統一した100選シリーズの案内看板にすることを考え、制作したとしています。

〈事務局日記〉0277:A新日本歩く道紀行ロゴ文字換え0929.jpg
写真A:「新日本歩く道紀行100選」シリーズのロゴマーク

 「津屋崎里歩きフットパス」(「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が福津市都市計画課との共働事業で開設)は2015年9月、「新日本歩く道紀行100選選考委員会」から福岡県内で1か所の『絶景の道100選』に認定。「新日本歩く道紀行100選」のホームページhttp://michi100sen.jp/で、同100選シリーズの趣旨や第1期認定コース(テーマ別一覧)として掲載されているほか、「ツーリズムウオーク 歩きんぐくらぶ」のホームページで詳細情報が紹介されています。
posted by ケント at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2016年03月08日

〈事務局日記〉0276:アサギマダラの幼虫を福津市で初確認

〈事務局日記〉0276:@1603081017キジョラン・「ほたるの里」019.jpg
写真@:キジョランの葉の裏で見つかったアサギマダラの幼虫
   =福津市本木の「ほたるの里」で、2016年3月8日午前10時15分撮影

アサギマダラの越冬幼虫を福津市で初確認
「ほたるの里」の杉林などでキジョランの葉裏に

 福津市本木の「ほたるの里」(本木川自然公園)で、2千Kmもの海を渡る蝶≠ニして知られるアサギマダラの幼虫=写真@=がつる性の植物・キジョラン(ガガイモ科)の葉の裏にいるのを3月7日、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の女性会員が見つけ、同会員ら6人が8日現地調査した結果、市内で初めて確認された越冬中の幼虫5匹の大きさを記録しました。

 幼虫を見つけたのは、植物に詳しい「宗像植物友の会」員でもある藤井えり子、久保田由美子両会員。7日午前、「ほたるの里」の保安林の杉林の中などで約20匹の幼虫が、キジョランの葉の裏にいるのに気づいたという。

 「ほたるの里」から約8Km北西の「津屋崎浜」では、「海とまちなみの会」会員が2015年は5月11日に1匹が初飛来して以来ほぼ毎日、6月11日まで1〜12匹の飛来を確認。しかし、渡りの季節外れの時季の同年7月18日から22日までに1〜4匹の飛来が観察されており、福津市内で産卵、孵化して成長した可能性があるとの研究家の指摘を受け、食草で産卵場所にも使われるキジョランの自生地が近くにないか、フィ−ルド調査を続けていました。

 この日は、気温20度Cと暖かく、風もない絶好の調査日和。会員らは「ほたるの里」の杉林=写真A=の中や谷川沿いの草地を約1時間見て回り、幼虫を次々と発見しました。謎の多い蝶・アサギマダラがどこから来て、どこへ渡っていくのか、幼虫が蛹、羽化していくまで観察を続け、個体にマーキングして放蝶し、本格的な渡りのルート調査をしたいと計画しています。

〈事務局日記〉0276:A1603081048〈キジョランの谷〉優・「ほたるの里」047.jpg
写真A:幼虫が次々に見つかった杉林
   =福津市の「ほたるの里」で、8日午前10時45分撮影
posted by ケント at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年03月07日

〈事務局日記〉0275:「歩きんぐくらぶ」HPリニューアル

〈事務局日記〉0275:@コ−スマップ「津屋崎里歩きフットパス」.jpg
写真@:リニューアルした「歩きんぐくらぶ」HPの「津屋崎里歩きフットパス」コース

『絶景の道100選』認定の「津屋崎里歩きフットパス」
「歩きんぐくらぶ」HPをリニューアルしました

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は3月7日、「ツーリズムウオーク 歩きんぐくらぶ」のホームページhttp://alkg.jp/に掲載されている『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩きフットパス」のコース・マップ=写真@=にビューポイントを挿入したり、見所の解説文を手厚くするなどリニューアルしました。

 「津屋崎里歩きフットパス」(「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が福津市都市計画課との共働事業で開設)は2015年9月、「新日本歩く道紀行100選選考・運営委員会」(名誉顧問・石原信雄一般財団法人地方自治研究機構会長、事務局・東京)から福岡県内で1か所の『絶景の道100選』に認定。「新日本歩く道紀行100選」のホームページhttp://michi100sen.jp/で、同100選シリーズの趣旨や第1期認定コース(テーマ別一覧)として掲載されているほか、「ツーリズムウオーク 歩きんぐくらぶ」のホームページで詳細情報が紹介されています。

 「歩きんぐくらぶ」のリニューアルしたホームページでは、コース・マップに眺望が楽しめ写真撮影に絶好のビューポイントとして@玄界灘に沈む夕陽が綺麗な宮地浜「夕陽風景時計」A2千Kmもの海≠渡る蝶・アサギマダラが、海浜植物・スナビキソウの花の蜜を吸いに5月中旬から6月中旬に飛来する「津屋崎浜」B揚げヒバリが囀る麦畑の麦秋の美景や宮地岳、在自山、対馬見山など里山連山の山並みが魅力の「在自山・田園ビューポイント」C冬鳥のオオバンやカモ類など水鳥の探鳥地・「新堤池」D2月と10月の数日だけ、夕陽が参道を黄金色に照らし「相島」の背後に沈む絶景の夕陽が楽しめる「宮地嶽神社」参道の81段の石段最上部――の5か所を青い双眼鏡のイラストで表示しました。

 見所の解説文のリニューアルでは、トップ・ページにある「宮地嶽神社」参道石段最上部からの夕陽絶景について、〈2016年2月に人気アイドルグループ「嵐」のJAL新CMで、参道が光の道≠ニしてテレビ放映され、全国的に知られる絶景スポットになりました〉と書き添え掲載=写真A=。また、コース起点の宮地浜「夕陽風景時計」の見所解説文の最後に〈宮地浜からは、玄界灘に沈む綺麗な夕陽も楽しめます〉と追加しました。

〈事務局日記〉0275:Aトップページ「歩きんぐくらぶ」.jpg
写真A:「津屋崎里歩きフットパス」の解説文トップ・ページ
posted by ケント at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年03月05日

〈事務局日記〉0274:「環境保全活動団体交流会」に初参加

〈事務局日記〉0274:@1603051305展示された「海とまちなみの会」のパネル002.jpg
写真@:会場に展示した「津屋崎里歩きフットパス」と宮地浜「夕陽風景時計」の解説パネル
   =福津市手光南2丁目の「ふくとぴあ」で、2016年3月5日撮影

「海とまちなみの会」も初参加、アサギマダラの保護呼び掛け
「環境保全活動団体交流会」が開かれました

 地域の生きものを守る活動を広げようと、3月5日午後1時30分から福津市手光南2丁目の「ふくとぴあ」(市健康福祉総合センター)で「環境保全活動団体交流会」(主催・「宗像・遠賀・粕谷地域環境協議会」)が開かれ、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」も初めて参加しました。

 「宗像・遠賀・粕谷地域環境協議会」は、福岡県や福津市、宗像市、県地球温暖化防止活動推進員等の関係団体で組織。この日の交流会には16団体から53人が参加、福津市の県立光陵高校・「うみがめクラブ」生徒の「生きものを守るための身近な活動」についての活動事例発表や、須田隆一・県保健環境研究所環境生物課長の進行役で、「地域の生きものを守る活動を広げよう!」をテーマにパネルディスカッショが行われました。

 このあと、情報や自由に意見交換する交流会。「津屋崎千軒 海とまちなみの会」からは、会員7人が参加し、本会が開設した「津屋崎里歩きフットパス」や宮地浜「夕陽風景時計」の解説パネル=写真@=、会報ニュース「はちがめ通信14号」を展示しながら、2千Kmもの海を渡る蝶・アサギマダラが花の蜜を吸いに立ち寄る津屋崎浜の海浜植物・スナビキソウの自生地保護活動や夕陽景観をはじめ「津屋崎里歩きフットパス」を活用した自然環境の保全を呼びかけました。
posted by ケント at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記