2016年01月28日

〈事務局日記〉0270:新日本歩く道紀行推進機構

〈事務局日記〉0270:@「津屋崎里歩きフットパス」歩きんぐくらぶHPスキャン346.jpg
写真@:「ツーリズムウオーク 歩きんぐくらぶ」のホームページに掲載の「津屋崎里歩きフットパス」の概要

『絶景の道100選』認定の「新日本歩く道紀行100選選考・運営委員会」
「NPO法人新日本歩く道紀行推進機構」に名称を変え、地方活力創生へ努力 

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が開設した「津屋崎里歩きフットパス」を『絶景の道100選』に認定した「新日本歩く道紀行100選選考・運営委員会」(名誉顧問・石原信雄一般財団法人地方自治研究機構会長、事務局・東京)から1月26日、新日本歩く道紀行100選シリーズの広報による振興政策書が「海とまちなみの会」に届きました。

 それによると、石原名誉顧問をはじめ同選考・運営委員会メンバー全員が申請中の「特定非営利活動法人 新日本歩く道紀行推進機構」(仮称。略称OASAT)の理事に就任を決定。OASATは、設立の趣旨を同委員会設立の趣旨と同一にし、「地域の観光促進、健康促進、経済発展への寄与」の三つを主たる目的の推進を法人としての使命とするとしています。

 今後の事業計画を活性化させる広報計画では、@『絶景の道100選』などに選定された市町村の道の広報A市町村の年間観光イベントの告知B市町村の主たる商工情報(物産、人物/名人、遺産)C多言語(英語を中心とする)による海外ツーリズムインバウンド促進情報DBS−TBSの番組「新日本歩く道紀行」で歩くキャストを俳優の榎孝明氏、中原丈雄氏を中心に放映(毎週日曜日午前9時30分〜10時に放映中)の4つを、WEBサイトの構築・運営や朝日新聞、BS−TBSなど新聞、テレビと多くのメディアとの連携で広報、情報提供を行います。

 現在、「新日本歩く道紀行100選」のホームページhttp://michi100sen.jp/では、同100選シリーズの趣旨や第1期認定コース(テーマ別一覧)、第2期応募案内をアップ。今後は、NPO法人新日本歩く道紀行推進機構のWEBサイトとして発信し、現在は「ツーリズムウオーク 歩きんぐくらぶ」のホームページhttp://alkg.jp/でのみ掲載している認定コース=写真@=の詳細情報=写真A=も掲載します。また、道周辺にある宿泊施設、飲食店、物産、公共施設、イベント情報や、道または周辺の史実、達人情報も紹介する予定。

〈事務局日記〉0270:A「津屋崎里歩きフットパス」コース・歩きんぐくらぶHPスキャン347.jpg
写真A:「歩きんぐくらぶ」のホームページに掲載の「津屋崎里歩きフットパス」コース

 「新日本歩く道紀行100選選考・運営委員会」(委員長・下光輝一公益財団法人健康・体力づくり事業財団理事長)は、『絶景の道100選』をはじめ同100選シリーズの道に認定された関係自治体首長・ご担当様あての挨拶文で「WEBサイトの活用は、旅行愛好者およびアウトドアスポーツ愛好者に対し、新たな道歩きツーリズムを興し、地域の活力創出に寄与するツールとして用いる目的で運用いたしております。日本旅行を中心とした旅行業者とタイアップし、シーズン毎に企画を行い、愛好者を募り各地域への動員を行って行く事で、道資源を活用していただければと存じます」と意欲を示しています。
posted by ケント at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年01月23日

〈お知らせ〉0127:新年会兼例会の延期ご案内

〈お知らせ〉0127:@1601240910福津市津屋崎7丁目の国道495号線003.jpg
写真@:雪に覆われた国道495号線(右は福津市立津屋崎小学校)
    =福津市津屋崎7丁目で、2015年1月24日午前9時10分撮影

「海とまちなみの会」の新年会兼例会
2月7日(日)に「空と海」で延期開催します

「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、1月24日(日)午後5時30分から福津市の「お魚センター」2階のレストラン「つやざき漁港食堂 空と海」で新年会兼例会を開く予定でしたが、大雪=写真@=のため、2月7日(日)正午から同店で延期開催します。「海とまちなみの会」の第4期ガイド養成講座第4回講義(津屋崎塩田学)も2月に延期し、日時は追って決定します。

◇「貝寄せ館」臨時休館のお知らせ
 
「海とまちなみの会」の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」も1月24日、大雪のため臨時休館いたします。
posted by ケント at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年01月13日

〈お知らせ〉0126:新年会兼例会のご案内

〈お知らせ〉0126:@1208161715「空と海」外観優01.JPG
写真@:新年会の会場・「つやざき漁港食堂 空と海」が2階にある福津市お魚センター
=福津市津屋崎4丁目47−18

1月24日(日)に「海とまちなみの会」の新年会兼例会
福津市お魚センター2階の「空と海」で開きます

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、1月24日(日)午後5時30分から福津市津屋崎4丁目の「お魚センター」2階のレストラン「つやざき漁港食堂 空と海」(рT2−5001)=写真@=で、新年会兼例会を開きます。

 新年会の会食会費は2千円で、お酒注文の方は別に各自負担です。12日までに14人から出席通知をいただいております。入会希望の方を含め出席される方は、事務局・吉村(電話090−7451−8063)へ17日までに事前連絡ください。

 例会では、「海とまちなみの会」が開設した「津屋崎里歩きフットパス」の『絶景の道100選』認定や、福津市・「津屋崎浜」と「宮地浜」の海浜植物保護板の設置、新年を祝し、2月以降の企画事業について協議します。

◇お知らせ

■「海とまちなみの会」の第4期ガイド養成講座第4回講義(津屋崎塩田学

日時 1月24日(日)午後4時〜5時
場所 福津市津屋崎3丁目の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」
対象 「海とまちなみの会」会員の観光ボランティアガイド希望者
参加 無料
posted by ケント at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年01月03日

〈事務局日記〉0269:子供たちから津屋崎千軒見学感想文

〈事務局日記〉0269:@1601030918感想文・「賢治の学校福岡」通学児童から002.jpg
写真@:児童たちから寄せられた津屋崎千軒見学ツアー感想文

児童たちからお礼の感想文をいただきました
「賢治の学校ふくおか」の津屋崎千軒ツアー
――「海とまちなみの会」へ 

  「津屋崎千軒 まちなみの会」が2015年11月28日に福岡県福津・古賀両市と新宮町、佐賀県鳥栖市の小学生3〜6年生11人の津屋崎千軒見学ツアーをガイドしましたが、同児童たちから「昔の物や家が残っていて、すごくおどろきました。ていねいにせつめいしていただいたので、とても分かりやすかった」(女子)などお礼の感想文=写真@=が16年1月2日、引率の先生の年賀状とともに事務局に郵送されてきました。ガイド会員のボランティア活動の大きな励みになっています。

 児童たちは、宮沢賢治の精神に基づいた学びの場を提唱する福津市宮司浜3のNPO法人「賢治の学校ふくおか」に土曜日に通っています。感想文では、津屋崎千軒見学について「ガイドをしてもらって学んだことは、古い家がのこっていて、まっすぐな道ではなくまがっていること、いろいろなところから海が見えること、大日本沿海輿地全図を作製した伊能忠敬が2泊していたこと、火事になったとき火がひろがらないように工夫してあることです。きちんと学べるガイドをして下さりありがとうございます」(6年女子)、「色々な見方ができ楽しかった」(男子)などとつづられています。

  見学ツアーを引率された牧野奈巳先生からは「大人の方がおもしろいと思うような千軒のまちなみの奥深さを教えていただき、内容的にも意味深いものでした」としたうえで、「ガイドの方々の千軒への思いや、まちなみを残して伝えていこうという思いが、子どもたちに届いたように思えました」とお礼状が同封されており、感謝申し上げます。

  「海とまちなみの会」では2008年3月3、6、10日にも、福津市立津屋崎小4年1−3組全児童107人を対象に〈津屋崎千軒そうつこう〉ガイドを行い、同児童たちから「津屋崎の良さを大切にして、古い建物をそのままのこして、町の人に知ってほしいです」などの感想文を寄せたお礼の文集を同月13日、事務局にいただきました=同日付ブログhttp://blog.tsuyazaki-sengen.com/article/12385026.htmlに掲載=。
posted by ケント at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2016年01月01日

〈事務局日記〉0268:新年のご挨拶

写真1601011344拝殿・「宮地嶽神社」初詣007.jpg
写真@:初詣客で賑わう拝殿前
    =福津市宮司元町の「宮地嶽神社」で、2016年1月1日午後1時40分撮影

 明けましておめでとうございます
 2016年も「海とまちなみの会」をよろしくお願いします

 1月1日、福津市宮司元町の「宮地嶽神社」は大勢の初詣客で賑わいました=写真@=。

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」では、2015年に『絶景の道100選』に福岡県
内でただ1か所認定された「津屋崎里歩きフットパス」(歩程6.8Km、所要2時間半)の活用促進を16年の大きな活動目標にしています。

 「津屋崎里歩きフットパス」は、「海とまちなみの会」が2014年に開設した宮地浜「夕陽風景時計」から「宮地嶽神社」を回遊する福津市初のフットパスです。夕陽が沈む方向と時刻、水平線の島々が描かれたパノラマ風景が分かる「夕陽風景時計」を発着点とし、白砂の海辺からクロマツ林の「宮司・浜の松原」や、2千kmもの海を渡る蝶・アサギマダラが立ち寄る「津屋崎浜」、「宮地嶽神社」の81段の石段最上部から眺める1.4km先の宮地浜まで真っすぐ延びた参道の絶景地をガイドの案内で巡り、四季折々の景色の移ろいを楽しめます。
posted by ケント at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記