2015年10月25日

〈事務局日記〉0251:「全国フットパスの集い2015」

〈事務局日記〉0251:@1510250830開会式の参加者025.jpg
写真@:フットパスウオーク開会式に集まった参加者
    =鳥取市鹿野町トレーニングセンターで、2015年10月25日午前8時30分撮影

「全国フットパスの集い2015in鳥取西いなば」開催
「津屋崎千軒 海とまちなみの会」からも参加

 「全国フットパスの集い2015in鳥取西いなば」(実行委員会主催、日本フットパス協会共催)が10月24、25両日、鳥取市鹿野町で開催。日本フットパス協会に加盟している「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の会員も参加、25日は全国から集まった約230人と3コースに分かれてフットパスウオークを楽しみました=写真@=。

 24日に鳥取市鹿野町で開かれた平成27年度日本フットパス協会通常総会では、出席した吉勝利・「海とまちなみの会」会長が、「津屋崎里歩きフットパス」が「新日本歩く道紀行100選選考委員会」から全国の「フットパス」で初めて『絶景の道100選』に認定されたことを報告しました。

 「津屋崎里歩きフットパス」は、「海とまちなみの会」が、福津市制施行10周年記念事業として平成26年度市住みよいまちづくり推進企画活動補助金を受け、市都市計画課と共働で同年7月に開設した市内初のフットパス。夕陽が沈む方向と時刻、水平線の島々が描かれたパノラマ風景が分かる「夕陽風景時計」(考案設計者・緒方義幸会員)を設置した同市宮地浜の同時計前を発着点として、浜山の松原を経て「宮地嶽神社」を回遊(歩程6.8km、所要時間2時間30分)、四季折々の景色の移ろいを楽しめます。
posted by ケント at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記