2015年10月18日

〈企画事業〉144:『絶景の道100選』選定記念・「夕陽を観る会」賑わう

〈企画事業〉144・@1510181738参道沖に沈む夕陽秀・「夕陽を観る会」042.jpg
写真@:「宮地嶽神社」から参道沖の玄界灘に浮かぶ「相島」(福岡県新宮町)背後に沈む夕陽
    =福津市宮司元町の「宮地嶽神社」参道石段最上部で、2015年10月18日午後5時38分撮影

『絶景の道100選』選定記念ウオーク賑わう
「宮地嶽神社」から参道沖の玄界灘に沈む夕陽を観る会 

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月18日、『絶景の道100選』選定記念の福津市・「宮地嶽神社」から参道沖の玄界灘に沈む夕陽を観る会=写真@=を開催。福岡、北九州、飯塚、春日、古賀、福津6市からの公募定員30人を上回る参加者38人を迎え、「宮地嶽神社」境内のフットパス・ウオークのあと、参道から玄界灘に沈むこの日と2月23日ごろの年に二度だけしか見られない夕陽の絶景を楽しんでいただきました。

 参加無料で、午後3時30分に福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」に集合。「海とまちなみの会」のボランティアガイドの案内で、同3時45分に同旅館を出発、「宮地嶽神社」参道を歩いて81段の石段最上部へ。境内のフットパス・コースを約1時間散策、同5時に石段最上部に戻りました。この後、1.4`・b先の海まで真っすぐ伸びる参道を黄金色に照らしながら「相島」(福岡県新宮町)背後の玄界灘に沈む夕陽の絶景を同5時41分の日没まで観賞し、石段や参道を埋め尽くす約5百人の見物客からは歓声や拍手がわきあがるほど雰囲気は最高潮に。神社境内では、同6時から「香灯明祈願祭」も行われました。
posted by ケント at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業