2015年10月11日

〈事務局日記〉0248:「夕陽を観る会」満員御礼

〈事務局日記〉0248:@「宮地嶽神社」参道絶景地・参道を照らしながら沈む夕陽.JPG
写真@:参道を照らしながら相島(福岡県新宮町)背後の玄界灘に沈む夕陽
    =福津市宮司元町の「宮地嶽神社」参道石段最上部で、2013年2月24日午後6時撮影

「絶景の道100選」選定記念ウオーク満員御礼
18日、「宮地嶽神社」から参道沖の玄界灘に沈む夕陽を観る会

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月18日(日)に開催する「絶景の道100選」選定記念・「宮地嶽神社」から参道沖の玄界灘に沈む夕陽を観る会2015(参加無料)の参加者を募集していましたが、11日までに定員30人の申し込みがあり、受け付けを終了させていただきました。

 この選定記念の「夕陽を観る会」は、18日午後3時30分に福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」(西鉄「宮地嶽神社」バス停前)に集合。「海とまちなみの会」のボランティアガイドの案内で、同3時45分に同旅館を出発、「宮地嶽神社」参道を歩いて81段の石段最上部へ。境内の「フットパス・コース」を1時間余散策して同5時に石段最上部に戻り、参道を黄金色に照らしながら「相島」(福岡県新宮町)背後の玄界灘に沈むこの日と2月中旬の年に二度だけしか見られない夕陽の絶景=写真@=を観賞、同6時20分に解散します。

 「夕陽を観る会」の開催告知記事が8日、西日本新聞九州版に「津屋崎フットパス『絶景の道』に」、「記念ウオーク18日に福岡で」、「年2回だけの夕日を見よう」の3本見出しと、本会が9月19日に開催した「絶景の道100選」選定確定記念・「津屋崎里歩きフットパス」ウオークで、「宮地嶽神社」石段から1.4`・b先の「宮地浜」へまっすぐ伸びる参道の絶景を楽しむ参加者の写真付きで掲載。このため、長崎市のご夫婦をはじめ、福岡、北九州、飯塚、春日、古賀、福津6市と福岡県篠栗、筑前、久山3町から家族や友人連れの参加申し込みが相次ぎ、それまでの申し込み者と合わせ、満員になりました。
posted by ケント at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記