2019年10月15日

〈活動記録〉0619:津屋崎小児童に塩作り講話

〈活動記録〉0619:@1910151346優津屋崎小5年2組児童に講義する吉村勝利4163.JPG
写真@:津屋崎塩田の歴史と「恋の浦」の海水での塩作りの講話を熱心に聴く児童たち
=福津市・津屋崎小5年2組で、2019年10月15日撮影

津屋崎小5年2組児童の地域学習に協力
「恋の浦」の海水での塩作り講話を行いました


 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月15日、福津市立津屋崎小5年2組の児童たちから依頼され、津屋崎塩田の歴史と「恋の浦」の海水での塩作りの講話を行いました=写真@=。

 5年2組の児童40人が自主的に取り組む地域学習のテーマに、津屋崎の海水での塩作りを決め、平成22年(2010年)4月17,18両日、福津市まちおこしセンター「津屋崎千軒なごみ」で開かれた「津屋崎千軒うみがめ祭・町家まつり」で「塩作り体験教室」を開催した「海とまちなみの会」に講話を依頼。

 15日の講話は5年2組の午後の授業時間に行われ、「海とまちなみの会」の吉村勝利会長が電子黒板にスライドを映写し、福岡藩が江戸時代に津屋崎・勝浦両塩田を開発し、筑前の塩生産量の90%を占め、“津屋崎は塩で保(も)つ”と言われるほど津屋崎千軒の繁栄を支えた歴史や、塩田の作り方、製塩の工程を説明、「塩作り体験教室」で「恋の浦」の海水での塩作りを指導した梶原康弘会員の塩作り工程について話しました。

 講話を聴いた児童たちからは、「津屋崎の塩はどんな味?」「どんな塩がいいのですか」など活発な質問が相次ぎ、次は海水での塩作り体験に取り組みたいと意欲的です。
posted by ケント at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2019年10月05日

〈事務局日記〉0361:デジカメ講座

〈事務局日記〉0361:@1910051022優石段最上部でガイドする勝利4126.JPG
写真@:“光の道”の参道石段で吉村勝利・「海とまちなみの会」会長(左端)の説明を聞く参加者の方たち
    =福津市宮司元町の「宮地嶽神社」で、10月5日撮影

宮地嶽神社の撮影スポット巡りでガイドさせていただきました
福津市カメリアステージ歴史資料館主催の「デジカメ講座」


 福津市カメリアステージ歴史資料館主催の「宮地嶽神社の撮影スポットを巡るデジカメ講座」(参加無料)が10月5日、同市宮司元町の「宮地嶽神社」境内で開かれ、撮影スポット紹介の講師を務めた「海とまちなみの会」の吉村勝利会長が2月下旬と10月中旬の年に二度しか見られない“光の道”の参道石段や、奥之宮八社などの撮影スポットをガイドさせていただきました=写真@=。

「デジカメ講座」の参加者は、定員15人先着順の公募に福津市内外から申し込んだカメラ愛好の男女15人の方たちで、午前10時に「宮地嶽神社」第一駐車場をスタート。門前町商店街の参道から81段ある石段最上部に上り、玄界灘に浮かぶ「相島」(福岡県新宮町)まで直線で見渡せる絶景や、楼門、チタン合金板を接合してできた黄金色の豪華屋根の本殿などの撮影スポットを正午まで巡り、元村安孝・「ヤスタカ写真事務所」(福津市津屋崎)代表のアドバイスを受けながら盛んにカメラのシャッターを切っていました。
posted by ケント at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2019年09月21日

〈事務局日記〉0360:カフェトーク

〈事務局日記〉0360:写真@1909211148カフェトークで講演する吉村勝利会長4065.jpg
写真@:講演する吉村勝利・「海とまちなみの会」会長
   =福津市カメリアステージ図書館・多目的室で、9月21日撮影

津屋崎再発見! のテーマで講演させていただきました
福津市カメリアステージ図書館主催の「カフェトーク」

 福津市カメリアステージ図書館で9月21日、同館主催の「カフェトーク」が開かれ、講師を務めた「海とまちなみの会」の吉村勝利会長が平成19年(2007年)の会発足から令和元年(2019年)まで12年間のまちづくりボランティア団体活動の体験を踏まえ、「津屋崎再発見!」のテーマで講演させていただきました=写真@=。

 「カフェトーク」は午前11時から図書館2階の多目的室で開かれ、福津市民男女13人が参加。吉村勝利会長が、「海とまちなみの会」の津屋崎千軒町歩きや「津屋崎里歩きフットパス」のガイド活動、郷土の歴史・自然・文化を学ぶ「津屋崎千軒ふるさと塾」などで再発見した津屋崎の子守歌、古風な趣のある町並みに残る卯建や鏝絵が残る町家、「津屋崎の恋人岬」や夕陽の絶景ポイント、万葉歌人が歩いたとされる万葉古道、筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門が津屋崎地区に残した町興しの足跡、海を渡る蝶・アサギマダラが飛来する津屋崎浜の海浜植物・スナビキソウの貴重な群生地など“津屋崎の魅力と宝”をスライドでスクリーンに映写して紹介しました。この後、参加者から「鏝絵って何ですか」「津屋崎の古名は通夜崎では?」などの質問を受け、カメリア・カフェ提供のドリンクを飲みながらトークが弾みました。
posted by ケント at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2019年08月25日

〈企画事業〉193:「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク楽しむ

〈企画事業〉1930:@1908251103「根性松」を見る参加者3965.JPG
写真@:「津屋崎地域郷づくり推進協議会」環境部会が名付けた「根性松」を訪ねた夏休みウオークの人たち
=福津市・「津屋崎松原」で、2019年8月25日午前11時撮影

〜宮地浜「夕陽風景時計」設置5周年&福津市「カメリアステージ」開館2周年記念〜

絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク開催

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」と福津市複合文化センター「カメリアステージ」は8月25日、絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオークを開催。「海とまちなみの会」が平成26年7月に開設した「津屋崎里歩きフットパス」(新日本歩く道紀行推進機構から『絶景の道100選』認定)発着点の砂浜に設置した、宮地浜「夕陽風景時計」の設置5周年と、同29年7月オープンした福津市初のカフェも備えた図書館・歴史資料館を収容する「カメリアステージ」の開館2周年を記念するイベントで、福岡、北九州、福津3市から男女17人の方の参加をいただきました。

 午前9時、福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」を出発。「海とまちなみの会」の女性ガイドの案内で、「津屋崎里歩きフットパス」コースの「宮地嶽神社」参道石段の光の道@[陽絶景地から、夕陽の沈む方角と時間、水平線上の島々や山などの約150度のパノラマ風景が分かる宮地浜「夕陽風景時計」前、「宮司・浜の松原」、「津屋崎松原」を経て、同市津屋崎1の「カメリアステージ」まで約3`を2時間余り歩き、景色や海浜植物・ハマゴウ(浜栲)の青紫の花、野鳥の姿や鳴き声を楽しみました。「津屋崎松原」を抜ける小道では、センダンの大木の地上から5,6bの幹の切れ目に、松ぼっくりからこぼれ落ちた松の種が根を生やし芽生えたとして、松林の手入れを続けている「津屋崎地域郷づくり推進協議会」環境部会が名付けた「根性松」も訪ねました=写真@=。

 「海とまちなみの会」主催のフットパス・ウオークは、平成26年7月6日の「津屋崎里歩きフットパス」開設記念式典後の初歩きの第1回からこの日で20回目の節目を迎え、参加者は計519人になりました。
posted by ケント at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2019年08月24日

〈マスコミ紹介〉20190824:読売新聞に参加者募集記事掲載


〈マスコミ紹介〉20190824:@スキャン・19年8月24日付読売新聞福岡面掲載記事.JPG
写真@:「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク参加者募集記事掲載の8月24日付読売新聞

読売新聞に参加者募集記事が掲載されました
〜宮地浜「夕陽風景時計」設置5周年&福津市「カメリアステージ」開館2周年記念〜
絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」と福津市複合文化センター「カメリアステージ」が8月25日(日)に開催する絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク(雨天決行)の参加者募集記事が、24日付読売新聞福岡面に掲載されました=写真@=。

 「福津で街歩きイベント」の見出し付き。福津市のまちづくりボランティア団体「津屋崎千軒 海とまちなみの会」(吉村勝利会長)と市複合文化センター「カメリアステージ」が25日、市内でウオーキングイベントを開く。午前8時45分に福津市宮司3の旅館「大阪屋」に集合。9時に出発し、「光の道」で有名な「宮地嶽神社」参道や、海岸に設けられた宮地浜「夕陽風景時計」などを巡り、「カメリアステージ」までの約3`を歩く。定員30人。参加費は保険代など5百円。申し込みは吉村会長(090・7451・8063)へ、と紹介。

 このイベントは、「海とまちなみの会」が福津市制施行10周年記念事業として、宮地嶽神社参道石段からの夕陽絶景を活かし、夕陽が美しい町の魅力をアピールできるまちづくりに役立てたいと、市民募金で建設した同参道突き当たりの宮地浜「夕陽風景時計」前を発着点として、市都市計画課(現市都市管理課)との共働事業で平成26年(2014年)7月に開設した市内初のフットパスコース・「津屋崎里歩きフットパス」の夏休みウオークです。同フットパスは、同27年9月に新日本歩く道紀行推進機構から『絶景の道100選』に福岡県内でただ1か所認定されました。

 また、年に2度しか見られない宮地嶽神社参道石段からの夕陽絶景は、平成28年(2016年)2月に人気アイドルグループ「嵐」のテレビCMで、光の道≠ニして放映され、全国的に知られる絶景スポットになりました。夕陽の沈む方角と時間、水平線上の島々や山などの約150度のパノラマ風景が分かる宮地浜「夕陽風景時計」も、NHK総合テレビで同年12月2日に「夕日の町に新名所」として福岡県内で放送され、同月28日の「NHKニュース おはよう日本」で「人気! 夕日が見える新名所」として全国放送されて有名になりました。

夕陽が美しい町のシンボル・宮地浜「夕陽風景時計」設置から5周年
20回目のフットパス開催です

 「海とまちなみの会」のフットパス開催は、2014年7月6日の「津屋崎里歩きフットパス」開設式典での初歩き以来、2019年5月19日の「万葉歌碑探訪&麦秋の津屋崎里歩きを楽しむフットパス」まで計19回を重ね、市内外からの参加者は計502人を数える親しまれるイベントとなりました。あす25日の開催は、記念すべき20回目の節目で、歴史や植物に詳しい「海とまちなみの会」の女性ガイド3人の案内で、光の道@[陽絶景地、宮地浜「夕陽風景時計」、「宮司・浜の松原」、「津屋崎松原」を巡り(途中、「宮司コミセン」で休憩)、景色や沿道の珍しい樹木、海浜植物・ハマゴウ(浜栲)の青紫の花、野鳥の姿と鳴き声を楽しみます。
posted by ケント at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2019年08月16日

〈マスコミ紹介〉20190816:毎日新聞に参加者募集記事掲載

〈マスコミ紹介〉20190816:@「フットパス」開催告知記事掲載の毎日新聞.JPG
写真@:「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク参加者募集記事掲載の8月16日付毎日新聞

毎日新聞に参加者募集記事が掲載されました
〜宮地浜「夕陽風景時計」設置5周年&福津市「カメリアステージ」開館2周年記念〜
絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」と福津市複合文化センター「カメリアステージ」が8月25日(日)に開催する絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオークの参加者募集記事が、16日付毎日新聞福岡東面に掲載されました=写真@=。

 「25日に夏休みウオーク」「津屋崎千軒 海とまちなみの会」「参加者募集 海辺楽しみ歴史学ぶ」の3段見出し付きで、「津屋崎里歩きフットパス」コースにある夕陽の沈む方角と時間、水平線上の島々や山などの約150度のパノラマ風景が分かる宮地浜「夕陽風景時計」の写真が添えられています。

 25日は、午前8時45分から福津市宮司3丁目の西鉄「宮地嶽神社前」バス停前にある旅館「大阪屋」で受け付け。9時から「海とまちなみの会」ガイドの案内で、会が平成26年7月に開設して『絶景の道100選』認定された「津屋崎里歩きフットパス」コースの「宮地嶽神社」参道石段の光の道@[陽絶景地へ。続いて、宮地浜「夕陽風景時計」前、「宮司・浜の松原」、「津屋崎松原」を経て、福津市津屋崎1の「カメリアステージ」まで約3`(途中、「宮司コミセン」で休憩)を歩き、景色や海浜植物、野鳥の姿や鳴き声を楽しみます。募集定員は、申し込み先着順30名。雨天決行。参加費は5百円(保険・資料・松ケ枝餅代)。申し込みは、「海とまちなみの会」事務局へメールyosi3019@sage.ocn.ne.jpか、電話090−7451−8063で担当吉村まで。
posted by ケント at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2019年07月28日

〈企画事業〉192:「津屋崎里歩フットパス」夏休みウオーク開催

スキャン・チラシ「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク2019.JPG
写真@:絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオークのチラシ

8月25日(日)に開催します
〜宮地浜「夕陽風景時計」設置5周年&福津市「カメリアステージ」開館2周年記念〜
絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」と福津市複合文化センター「カメリアステージ」は8月25日(日)、絶景の道100選認定・「津屋崎里歩きフットパス」夏休みウオーク=写真@=を開催します。「海とまちなみの会」が平成26年7月に開設した「津屋崎里歩きフットパス」(新日本歩く道紀行推進機構から『絶景の道100選』認定)発着点の砂浜に設置した、宮地浜「夕陽風景時計」の設置5周年と、同29年7月オープンした福津市初のカフェも備えた図書館・歴史資料館を収容する「カメリアステージ」の開館2周年を記念するイベントで、7月28日から参加者の募集を始めました。

 8月25日当日は午前8時45分から福津市宮司3丁目の西鉄「宮地嶽神社前」バス停前にある旅館「大阪屋」で受け付け。9時から「海とまちなみの会」ガイドの案内で、「津屋崎里歩きフットパス」コースの「宮地嶽神社」参道石段の光の道@[陽絶景地から、夕陽の沈む方角と時間、水平線上の島々や山などの約150度のパノラマ風景が分かる宮地浜「夕陽風景時計」前、「宮司・浜の松原」、「津屋崎松原」を経て、福津市津屋崎1の「カメリアステージ」まで約3`(途中、「宮司コミセン」で休憩)を歩き、景色や海浜植物・ハマゴウ(浜栲)の青紫の花、野鳥の姿や鳴き声を楽しみます。

 また、日韓の民間交流団体が玄界灘に浮かぶ「相島」(福岡県新宮町)が朝鮮通信使との交流の島だった歴史を伝えたいと、目前に「相島」が見える「津屋崎浜」に平成21年に設置した石碑も訪ねます。日韓の民間団体が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に共同申請した朝鮮国王が徳川将軍に宛てた国書や、通信使の行列が描かれた絵巻など「朝鮮通信使に関する記録」が、歴史的に価値の高い文書などを対象とした「世界の記憶」(世界記憶遺産)に同29年登録され、以来韓国・慶州市の文化関係者が石碑を訪れ、福津市の関係者と文化交流するなど注目されています。

 終点の「カメリアステージ」で11時解散、希望者は1階「歴史資料館」にある平成29年に登録された世界文化遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の「新原・奴山古墳群」の展示室と特別展示室で古墳群の解説、出土品の無料観覧もできます。募集定員は、申し込み先着順30名。参加費は5百円(保険・資料・松ケ枝餅代)。申し込みは、「海とまちなみの会」事務局へメールyosi3019@sage.ocn.ne.jpか、電話090−7451−8063で担当吉村まで。
posted by ケント at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2019年07月15日

〈事務局日記〉0359:第13回福岡県景観大会に参加

〈事務局日記〉0359:@1907151424まちネット福岡の「海とまちなみの会」活動発表0017.JPG
写真@:「海とまちなみの会」など加盟団体のまちづくりの取り組みを発表する「まちなみネットワーク福岡」の大塚政徳会長

福岡市のアクロス福岡・天神中央公園で開催
第13回福岡県景観大会〜ふくおか景観フェスタ〜に参加

 福岡県内のまちづくり団体や大学、市町村、県などで組織している「福岡県美しいまちづくり協議会」(事務局・県都市計画課)と県主催の第13回福岡県景観大会〜ふくおか景観フェスタ〜が「海の日」の7月15日、午前10時から午後4時まで福岡市中央区天神1のアクロス福岡・天神中央公園で開かれ、加盟団体の福津市・「津屋崎千軒 海とまちなみの会」会員も、運営スタッフとして参加しました。

 アクロス福岡のアトリウム、コミュニケーションエリアでは、各地のまちづくり活動紹介のパネルを展示。円形ホールでは、県が公募した「福岡県美しい景観選・絵画部門」や、県屋外広告景観賞、県美しいまちづくり建築賞の各入賞・受賞者の表彰式が行われました。イベントエリアでは、「海とまちなみの会」ら県内のまちづくり10団体で組織している「まちなみネットワーク福岡」(大塚政徳会長)=写真@=や、九州大学などが各地のまちづくりの取り組みを発表しました。
posted by ケント at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2019年07月12日

〈事務局日記〉0358:フットパス開催記事が「広報ふくつ」2019年7月号に掲載

〈事務局日記〉0358:@フットパスが19年7月15日号に掲載01.JPG
写真@:福津市の広報誌「広報ふくつ」7月号の「まちの話題」に掲載された令和元年記念・星ケ丘の万葉歌碑探訪&麦秋の津屋崎里歩きを楽しむフットパス開催記事

福津市の広報誌に開催記事が掲載されました

星ケ丘の万葉歌碑探訪&麦秋の津屋崎里歩きを楽しむフットパス

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が5月19日(日)に主催した令和元年記念・星ケ丘の万葉歌碑探訪&麦秋の津屋崎里歩きを楽しむフットパスの開催記事が、福津市の広報誌「広報ふくつ」7月号の「まちの話題」に掲載されました=写真@=。

 「星ケ丘の万葉歌碑探訪」「津屋崎フットパス」の2行見出しに、「星ケ丘の高台の公園にある万葉歌碑」を「津屋崎千軒 海とまちなみの会」のガイドでフットパス参加者が訪れた様子のカラー写真付き。掲載記事では〈フットパスとは、ありのままの風景を楽しみながら歩くことができる小道のこと〉と説明。さらに〈ガイドの案内を受けながら在自の金刀比神社などを歩きました。中でも、万葉歌碑の前では、令和の由来である万葉集にちなんだものということもあり、参加者は熱心に聞き入っていました〉と紹介されています。
posted by ケント at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2019年06月19日

〈事務局日記〉0357:宮地浜「夕陽風景時計」清掃

〈事務局日記〉0357:@1906190851夕陽風景時計を清掃する3会員2493.JPG
写真@:宮地浜「夕陽風景時計」を清める「海とまちなみの会」会員たち
=福津市宮司浜4丁目で、2019年6月19日午前8時50分撮影

宮地浜「夕陽風景時計」の汚れを清めました

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は7月19日午前、福津市宮司浜4丁目の宮地浜「夕陽風景時計」(幅1.1m、奥行き70cm、高さ90 cm)を会員4人で清掃しました=写真@=。毎月1回、汚れを水で清め、周辺に吹き寄せた砂を除去しており、令和元年度最初の清掃活動です。清掃後、訪れた観光の男性に「夕陽風景時計」の見方もお話ししました。

 宮地浜「夕陽風景時計」は、本会が福津市制施行10周年記念事業として平成26年(2014年)7月6日、市民ら約2百人から寄せられた募金約40万円で「宮地嶽神社」参道石段最上部から、真っすぐ1.4`先の宮地浜に設置。扇形に描いたステンレス製の時計版の縦軸に日没時刻、横軸に方位と水平線に見える島影の約150度の「パノラマ風景」が刻まれており、横八文字形の「夕陽ループ曲線」をたどれば、一年間を通じて夕陽が沈む方向と時刻が分かります。

 「夕陽ループ曲線」によると、「宮地嶽神社」後方の東側から昇る太陽は、昼の時間が最も短い「冬至」の12月22日ごろは糸島市の糸島半島の背後に沈み、昼の時間が最も長い「夏至」の6月21日ごろは福津市の渡半島の背後に沈みます。「宮地嶽神社」参道石段最上部から2月23日ごろと10月18日ごろ年に二度だけ、夕陽が参道を黄金色に照らしながら玄界灘に浮かぶ相島(福岡県新宮町)の背後に沈む光景が、平成28年(2016年)2月に人気アイドルグループ「嵐」のJALの国内旅行企画『先得』シリーズ新CMで、光の道≠ニしてテレビ放映され、全国的に知られる絶景スポットに。宮地浜「夕陽風景時計」も、NHK総合テレビで同年12月2日に「夕日の町に新名所」として福岡県内で放送され、同月28日の「NHKニュース おはよう日本」で「人気! 夕日が見える新名所」として全国放送されて有名になりました。
posted by ケント at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記