2017年11月14日

〈企画事業〉177:「万葉古道の植物探訪」開催

〈企画事業〉177:@1711141032道標前で植物の説明を聞く参加者・「万葉古道の植物探訪」999.JPG
写真@:道標前で野草の名前を聞く「ふるさと塾」参加者たち
   =福津市奴山の「万葉古道 名児山越え」で、2017年11月14日午前10時30分撮影

福津市奴山の古代官道・名児山越え<tットパス楽しむ
「第17回ふるさと塾・万葉古道の植物探訪」開催

 古代官道・名児山越えをフットパスで追体験――。「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は11月14日、「第17回〈津屋崎千軒〉ふるさと塾」・万葉古道の植物探訪を開催。大宰帥(だざいのそち。大宰府の長官)大伴旅人(おおとものたびと)の異母妹の万葉歌人大伴坂上郎女(さかのうえのいらつめ)が奈良時代の天平2年(730年)11月、大宰府から奈良の都へ帰る時に福津市奴山(ぬやま)と宗像市との境にある名児山(なごやま)を越える際に通った古代官道・名児山越え≠1287年ぶりに踏査、当時から自生していた野草や花などを調べながらフットパスウオークを楽しみ=写真@=、日本最古の和歌集『万葉集』に女流歌人として最も多い84首の歌を残した坂上郎女が名児山を詠んだ長歌の歌心に想いを馳せました。

 この長歌は『万葉集』(巻6 963番)に載っています。
 〈大汝(おおなむち) 少彦名(すくなひこな)の 神こそは 名づけ始(そ)めけめ
名のみを 名児山(なごやま)と負ひて わが恋の 千重の一重も 慰めなくに〉
 歌の意味を現代語訳すると、〈大汝の神と少彦名の神が名付けたに違いない名児山は、心が和む山≠ニいう意味を持ちながら、私の悩む恋心の千分の一さえ慰めてはくれない〉。大汝(大国主神)と少彦名(少名毘古那神)は、日本の国造りをした二柱の神です。

 この日の「ふるさと塾・万葉古道の植物探訪」では、「海とまちなみの会」会員や福岡、古賀、福津3市の『万葉集』ファン、登山愛好者の男女10人が午前10時に「福津市複合文化センター」前に集合、乗用車で「万葉古道 名児山越え」の登り口へ。起伏に富む細い山道約5百bを約40分歩き、本会会員で「宗像植物友の会」にも加盟の女性会員から植生の解説を聞き、野の花の名前を確認したり、カメラに収めて嬉しそうな表情。

 名児山越え≠して宗像市田島に通じる県道502号線に出た参加者たちは、近くの福津市勝浦の「あんずの里運動公園」道路脇に旧津屋崎町(現福津市)が平成11年(1999年)に建てた坂上郎女の長歌を刻んだ「名児山万葉歌碑」を見学しました=写真A=。

〈企画事業〉177:A1711141154「万葉歌碑」を見る参加者・「万葉古道の植物探訪025.JPG
写真A:大伴坂上郎女の〈名児山万葉歌碑〉の解説文(左)と歌を刻んだ石碑を見学する人たち
    =福津市勝浦の「あんずの里運動公園」で、午前11時50分撮影
posted by ケント at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2017年11月11日

〈事務局日記〉0323:「全国フットパスの集いinなかま2017」開催

〈事務局日記〉0323:@171111352「なかまフットパス」報告の画像979.JPG
写真@:「フットパスフォーラム」で報告された中間市のフットパスの取り組み
   =中間市蓮花寺の「なかまハーモニーホール」で、11日午後1時50分撮影

中間市で「全国フットパスの集いinなかま2017」開催

 「全国フットパスの集いinなかま2017」(主催・福岡県中間市、共催・日本フットパス協会、北九州市立大学)が11月11日、12日まで2日間の日程で中間市で始まりました。

 11日は、午前8時30分から中間市内2コースでフットパスウオークを楽しむ「フットパスランブリング」があり、県立中間高校生が開設した「中間通谷コース」(約4Km)には「津屋崎千軒 海とまちなみの会」ら全国から訪れた36人が参加。中間高校生ら16人が8月27日、「中間通谷コース」開設の参考にしたいと福津市の「津屋崎里歩きフットパス」(『絶景の道100選』認定)を「海とまちなみの会」のガイドで見学しており、この日コースの見所をガイドした男女高校生たちははつらつとした説明ぶり。

 午後0時15分からは、中間市蓮花寺の「なかまハーモニーホール」で日本フットパス協会(事務局・東京)の平成29年度定期総会が開かれ、加盟している「海とまちなみの会」も出席、「津屋崎里歩きフットパス」活用の景観まちづくり活動の報告書を出席の17団体代表に配布しました。

 午後1時30分からは、「なかまハーモニーホール」で「フットパスフォーラム」が開かれ、中間市が開設したフットパスについての活動報告=写真@=や、「まちを歩いて出逢う魅力」をテーマにしたトークショーが行われました。午後5時30分からは、同ホールで全国から参加したフットパス開設団体らの「フットパス交流会」も開催。

 12日は、午前9時から中間市内5コース別の「フットパスランブリング」が午後2時まで行われます。
posted by ケント at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局日記

2017年11月09日

〈おしらせ〉0147:11月11日から「全国フットパスの集いinなかま2017」開催

〈おしらせ〉0147:@「全国フットパスの集い2017」のチラシ.jpg
写真@:11月11日から「全国フットパスの集いinなかま2017」のチラシ

11月11日から中間市で「全国フットパスの集いinなかま2017」開催

 「全国フットパスの集いinなかま2017」(主催・福岡県中間市、共催・日本フットパス協会、北九州市立大学)=写真@=が、11月11日(土)から12日(日)まで中間市で開催されます。

 11日は、午前8時30分から中間市内2コースでフットパスウオークを楽しむ「フットパスランブリング」(参加料昼食代含む1,500円)があり、「津屋崎千軒 海とまちなみの会」会員は県立中間高校生が開設した「中間通谷コース」(約4Km)に参加予定。午後0時15分からは、中間市蓮花寺の「なかまハーモニーホール」で日本フットパス協会(事務局・東京)の平成29年度定期総会が開かれ、加盟している「海とまちなみの会」も出席します。

 午後1時30分からは、「なかまハーモニーホール」で「フットパスフォーラム」(参加み料)が開かれ、同市が開設したフットパスについての活動報告や、「まちを歩いて出逢う魅力」をテーマにしたトークショーが行われます。午後5時30分からは、同ホールで全国から参加したフットパス開設団体らの「フットパス交流会」(会費5千円)が開かれます。

 12日は、午前9時から中間市内5コース別の「フットパスランブリング」が午後2時まで行われます。
posted by ケント at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年10月22日

〈企画事業〉174:「万葉古道の植物探訪」参加者募集

〈企画事業〉174:@0801141000ガイド第2回勉強会名児山万葉歌碑01.JPG
写真@:大伴坂上郎女の〈名児山万葉歌碑〉の解説文(左)と歌を刻んだ石碑
   =福津市勝浦の「あんずの里運動公園」で、2008年1月14日撮影

11月14日、福津市奴山で開催します
「第17回ふるさと塾・万葉古道の植物探訪」参加者募集

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月22日、福津市の「カメリアステージ図書館」で例会を開き、11月14日(火)に「第17回〈津屋崎千軒〉ふるさと塾」・万葉古道の植物探訪の開催(雨天中止)を決定、参加者(定員20人、申込先着順)の募集を始めました。

 福津市津屋崎には、大宰府から奈良の都へ通じる古代の官道が走っており、日本最古の和歌集『万葉集』には、女流歌人として最も多く歌を残した大伴坂上郎女が、勝浦奴山の名児山を越えて都へ帰る際に詠んだ長歌が収録されています。収録の和歌にちなむ「名児山万葉歌碑」=写真@=が、勝浦の「あんずの里運動公園」に建てられています。

 「ふるさと塾・万葉古道の植物探訪」では、午前10時に「福津市複合文化センター」前駐車場に集合、乗用車に分乗して「万葉古道 名児山越え」を訪ね、本会会員で「宗像植物友の会」会員2名とともに約30分歩き、詳しく植生を調査。この後、再び車で「あんずの里運動公園」の「万葉歌碑」などを巡り、同文化センターに12時帰着、解散します。参加費は資料代2百円(会員は無料)。水筒、杖、持参、歩きやすい服装、登山靴で参加を。申し込みはメールyosi3019@sage.ocn.ne.jpで本会事務局・吉村へ。
posted by ケント at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2017年10月21日

マスコミ紹介〉201710821:毎日新聞に「津屋崎里歩きフットパス」紹介記事掲載

〈マスコミ紹介〉20171021:@吉村勝利会長紹介・2017年10月21日付毎日新聞福岡東版掲載記事.jpg
写真@:「津屋崎里歩きフットパス」紹介の記事を掲載した10月21日付毎日新聞福岡東版

毎日新聞に「津屋崎里歩きフットパス」紹介の記事掲載

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が開設した「津屋崎里歩きフットパス」が、10月21日付の毎日新聞福岡東版で紹介されました。記事は「自由な散策楽しんで」の見出し付きで、吉村勝利会長が写真付きで「五感を使って季節を楽しんだり、名所旧跡で歴史を学んだり、時に脇道にそれて珍しい発見をしたり自由な散策が特徴。疲れたら途中でリアイアしていいんです」と魅力を語り、福津市宮地浜から松原や夕陽絶景で知られる「宮地嶽神社」などを回るフットパスを説明しています=写真@=。

 「津屋崎里歩きフットパス」は2年前、「絶景の道100選」に選ばれ、季節ごとに長さを変えてツアーを企画しているとし、英国発祥のフットパスの活用ぶりを紹介。「海とまちなみの会」では、平成26年7月6日の「津屋崎里歩きフットパス」初歩きから29年10月18日開催の絶景の道<tットパスと「海心寺」の歌・舞菩薩#q観まで計16回のフットパス・ウオークで県内外から445人の参加をいただきました。フットパスの活用で自然環境と景観を保全、自然に親しみ健康増進を図り、景観まちづくりで観光振興を目指したいと願っています。
posted by ケント at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2017年10月18日

〈企画事業〉173:絶景の道<tットパス開催

〈企画事業〉173:@1710181544吉原住職の説明・「海心寺」747.JPG
写真@:吉原泰祐住職(奥右端)から「金剛舞菩薩」(左奥)と「金剛歌菩薩」(右奥)の説明を聴く参加者たち
   =福津市宮司4丁目の高野山真言宗寺院・「海心寺」で、2017年10月18日午後3時40分撮影

絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観開催
光の道℃Q道ウオークを楽しみ、截金制作の見事な仏像に感動

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月18日、絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観を開催。福岡、春日、福津3市などから20人が参加し、本会ガイドの案内で午後2時半、福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」から81段ある「宮地嶽神社」参道石段最上部へ「津屋崎里歩きフットパス」(『絶景の道100選』認定)コースのウオークを楽しみました。

 平成28年2月に人気アイドルグループ「嵐」のJALテレビCMで全国的に有名になった年2度だけしか見られない絶景・光の道≠フ参道を眺めた後、拝殿に参拝。境内の珍しい植物見物の後、同市宮司4丁目の高野山真言宗寺院・「海心寺」で、京都の名仏師・江里康慧(えりこうけい)師と、同夫人の截金(きりがね)師・江里佐代子師(人間国宝、平成19年他界)作の、歌謡や舞踊関係者の信仰を集める全国唯一という「金剛歌菩薩」、「金剛舞菩薩」像(ともに木彫、高さ約1.5b、平成元年落慶法要)を吉原泰祐住職の解説で拝観しました=写真@=。

 「金剛歌菩薩」は、琵琶の原型とされ、奈良の正倉院に宝物として収蔵されている古代の弦楽器・阮咸(げんかん)を奏でながら歌っている姿の像です。截金は、金箔や銀箔を切って三角や四角などの小片にして彫刻や絵画などに貼り、輪郭線や文様を表す装飾技法。吉原住職の案内で歌・舞菩薩¢怩フそばに寄って截金で施された紋様を見学した参加者たちは、装飾技法の見事さに感動した様子。この後、玄界灘に沈む夕陽を観賞しようと宮地浜「夕陽風景時計」前に到着しましたが、太陽は日没まで雲に隠れたままでした。
posted by ケント at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2017年10月16日

〈マスコミ紹介〉20171016:読売新聞『対決お国自慢 夕日』に記事掲載

「対決お国自慢」夕日」掲載20175年10月14日付読売新聞夕刊002.JPG
写真@:『対決お国自慢 夕日』の記事に「福津・光の道」を掲載した2017年10月14日付読売新聞夕刊

読売新聞『対決お国自慢 夕日』に記事掲載
福津市の絶景光の道≠ニ緒方義幸会員考案の「夕陽風景時計」

 福岡県福津市宮司元町の「宮地嶽神社」の参道を照らして沈む夕陽が年に2回だけ2月と10月に出現させる絶景・光の道≠ェ、2017年10月14日付読売新聞夕刊の『対決お国自慢 夕日』の記事に掲載=写真@=。九州・山口・沖縄の夕日の絶景ポイントの代表として、長崎県佐世保市・「石岳展望台」から見渡せる九十九島の夕日とともに紹介されたもので、福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が設置した宮地浜「夕陽風景時計」考案者・緒方義幸会員の「福津の夕日」自慢のコメントも載せられています。

 掲載記事は「心洗われる絶景 浸って」「年2回出現 貴重な美」の見出しに、「宮地嶽神社」提供のオレンジ色の夕日に照らされ「光の道」になった参道のカラー写真付き。人気アイドルグループ「嵐」のテレビコマーシャルで話題になった宮地浜から神社まで真っすぐ延びる「光の道」に感動した緒方会員が、玄界灘に沈む美しい夕日をPRするため、水平線の島々と夕日の沈む時間、方角を記した「夕陽風景時計」を考案、地域おこしグループ(「海とまちなみの会」)と参道先の砂浜に設置し、観光客や地元の子どもたちに親しまれている、としています。

 10月に光の道≠ェ出現する18日、「海とまちなみの会」では絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観のイベントを開催(雨天中止)する予定で、福岡、春日、大野城、古賀、福津、宗像6市と福岡県須惠、鞍手両町から約30名の方の参加申し込み(参加費保険・資料代2百円)を受けています。「海心寺」で歌謡や舞踊関係者の信仰を集める「金剛歌菩薩」、「金剛舞菩薩」を拝観後、「宮地浜」で玄界灘に沈む夕陽の心洗われる絶景を観賞します。
posted by ケント at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2017年10月12日

〈マスコミ紹介〉20171012:毎日新聞にフットパス参加者募集記事掲載

〈マスコミ紹介〉20171012:スキャン・毎日新聞2017年10月12日付「光の道」記事掲載.jpg
写真@:2017年10月12日付毎日新聞に掲載された「絶景の道<tットパス」参加者募集の紹介記事

毎日新聞に参加者募集の記事が掲載されました
10月18日開催の絶景の道<tットパスと「海寺心」歌・舞菩薩#q観 

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が10月18日(水)に福津市で開催する「絶景の道<tットパスと『海心寺』歌・舞菩薩#q観」の紹介記事が12日付毎日新聞福岡版に掲載されました=写真@=。

 記事は、「光の道フットパス」「18日・福津 参加者を募集」の3段見出し付きで、福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」(西鉄「宮地嶽神社前」バス停前)からフットパスウオークを始め、同神社参道沿いの「海心寺」で色彩豊かな「金剛歌菩薩」、「金剛舞菩薩」を見学すると紹介。この後、宮地浜「夕陽風景時計」前で玄界灘に沈む夕陽を鑑賞するとし、同浜から見える夕陽の光景写真(2016年10月18日撮影=本会提供)を添えています。雨天中止。参加料は、2百円(保険・資料代)。申し込みは、先着順30人を「海とまちなみの会」事務局・吉村рO90−7451−8063で受け付け中。
posted by ケント at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介

2017年10月11日

〈企画事業〉172:「万葉古道」の現況を調査

〈企画事業〉172:@1710101313「万葉古道名児山越」標識・「万葉古道」下見001.JPG
写真@:確認できた「万葉古道 名児山越え」(「筑紫萬葉旅行の会」設置)の道標
    =福津市奴山で、2017年10月10日撮影

福津市奴山の「万葉古道」の現況を調査しました
11月14日、「第17回ふるさと塾・万葉古道の植物探訪」開催

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月10日、福津市奴山の「万葉古道」の現況を郷土史に詳しい会員2名で調査、11月14日(火)に「第17回〈津屋崎千軒〉ふるさと塾」・万葉古道の植物探訪を開催することにしました。

 福津市津屋崎には、大宰府から奈良の都へ通じる古代の官道が走っており、日本最古の和歌集『万葉集』には、女流歌人として最も多く歌を残した大伴坂上郎女が、勝浦奴山の名児山を越えて都へ帰る際に詠んだ長歌が収録されています。収録の和歌にちなむ「名児山万葉歌碑」が、勝浦の「あんずの里運動公園」に建てられています。

 「海とまちなみの会」が2010年3月31日、会員らを含むボランティアガイド13人の「万葉古道」研修で、奴山の地を訪ねており、この日の現況調査では古道の山道は枯れ枝が散乱し、かなり荒廃が目立つ状態でしたが、「万葉古道 名児山越え」(「筑紫萬葉旅行の会」設置)の道標=写真@=が確認できました。杉林の暗い山道沿いには、林内の湿地を好むマムシグサ(サトイモ科)も生えており、11月の「ふるさと塾・万葉古道の植物探訪」では本会会員で「宗像植物友の会」会員2名も参加して詳しい植生調査も行います。
posted by ケント at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画事業

2017年10月06日

〈マスコミ紹介〉20171006:読売新聞に絶景の道<tットパス告知記事掲載

〈マスコミ紹介〉20171006:@2017年10月6日付「絶景の道フットパス」告知記事掲載.jpg
写真@:2017年10月6日付読売新聞に掲載された絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観の告知記事

読売新聞のイベント紹介面に参加者募集記事掲載
10月18日開催の絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観

 「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が10月18日に福津市で開催する絶景の道<tットパスと「海心寺」歌・舞菩薩#q観の参加者募集記事が、10月6日付読売新聞福岡版のイベント紹介企画面「エンジョイ福岡」に掲載されました=写真@=。

 記事では〈福津の「絶景の道」を散策 18日〉の2段見出し付きで、津屋崎里歩きフットパス」(『絶景の道100選』認定)コースの「宮地嶽神社」周辺や海岸沿いを散策すると紹介。18日は、午後2時15分、福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」(西鉄「宮地嶽神社前」バス停前)に集合。午後2時半から81段ある同神社参道石段を上り、海岸まで1`以上続く「光の道」(平成28年2月に人気アイドルグループ「嵐」のJALテレビCMで全国的に有名になった年2度だけしか見られない夕陽が参道を照らして沈む絶景)を歩き、途中、「海心寺」で歌謡や舞踊関係者の信仰を集める「金剛歌菩薩」、「金剛舞菩薩」を拝観後、「宮地浜」で玄界灘に沈む夕陽を鑑賞し、同6時に解散するとし、同浜から見える夕陽の光景写真(2016年10月18日撮影=本会提供)を添えています。

 参加者は動きやすい服装、靴で、水筒持参。参加費は、保険・資料代2百円。雨天中止。先着順30人を12日(木)まで「海とまちなみの会」事務局でメールyosi3019@sage.ocn.ne.jpか、電話090−7451−8063で受け付け中。
posted by ケント at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介